2019年2月25日

【コンサルティング分野の中途採用】事業変革、IT、M&Aの推進で、事業会社がコンサルタント経験者を採用

アクシスコンサルティング 伊藤 文隆 取締役

 (23422)

 即戦力人材(シニアコンサルタント、マネジャークラス)のニーズが高まっています。ポテンシャル層の採用は順調な企業でも、若手を教育・育成しプロジェクトをリードするマネジャーが枯渇しており、プロジェクト受注を見合わせるケースもあるようです。

 特に2025年に保守切れとなるSAP領域は採用に苦戦しているケースが目立つ他、継続して先端テクノロジー(IoT、デジタル、ビックデータ、AI、RPA等)領域、ITに起因するサイバーセキュリティー、ITリスク領域も人材が枯渇しています。企業・事業再編に伴うM&A関連のコンサルタントも依然としてニーズが高い状況です。

 求職者は、事業会社とコンサルティング業界の両方を視野に入れてキャリアを考えるケースが増えています。サラリー含めた待遇面をコンサルティング業界と同等レベルに設定している事業会社もあり、コンサルタント経験者の事業会社への転身の心理的ハードルは3年前に比べ下がっていると感じています。

 事業会社がコンサルタント経験者を求める理由の一つは、事業変革・推進など従来のポジションに加え、ITの推進やM&AおよびPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)などコンサルタントの経験が活かせるテーマが増えているためです。

 コンサルティング業界の即戦力採用では、①会社や組織の具体的な課題を伝える、②会社でのキャリアパスだけではなくキャリアの市場価値を伝える、ことで成果が出ているケースが複数あります。

 ①については、特にマネジャークラスになると、大量採用の中の一人ではなく、価値提供・貢献できるポイントが明確になっているほうが参画したい気持ちが強くなる傾向にあります。②については、ITリスクやサイバーセキュリティーなど市場が拡大していく領域では特に効果的です。

 その他スピーディーに即戦力を採用したい場合は、当社でもサービス提供をしているプロフェッショナルなフリーランスのコンサルタントを活用する事例も増えてきています。

アクシスコンサルティングの関連記事

アクシスコンサルティング「コンサルタント、グローバル人材のキャリア支援に強みを持っています」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

アクシスコンサルティング「コンサルタント、グローバル人材のキャリア支援に強みを持っています」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
アクシスコンサルティングは、コンサルタントとグローバル人材の紹介で強みを発揮する。分業体制のコンサルティングへの変更によって専門性を高め、企業と候補者双方へのコミットメント強化を図っている。キャリアアドバイザーとして中長期にわたってキャリア支援に取り組む姿勢が人材紹介の評価につながっている。事業会社のコンサルタント採用、フリーランスのコンサルタントの活用、海外向けサービスの拡充など、成長企業をさらに支援できる仕組みづくりを進めている。(日本人材ニュース編集部の評価)
4 件

関連する記事

コンサルティング特化の人材紹介アクシスコンサルティングが、老舗人材紹介ケンブリッジ・リサーチ研究所の全株式を取得

コンサルティング特化の人材紹介アクシスコンサルティングが、老舗人材紹介ケンブリッジ・リサーチ研究所の全株式を取得

人材コンサルティング会社のアクシスコンサルティング(東京・千代田、山尾幸弘社長)は、民営人材紹介事業で労働大臣許可首都圏第1号の老舗として54年の歴史があるケンブリッジ・リサーチ研究所(東京・港、橋本寿幸社長)の全株式を取得した。これにより両社は事業協力関係を強化し、コンサルティングファーム出身者の事業会社への人材紹介及び製造業に対するものづくりコンサルティングを強化する。
アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長 顧客の成長戦略と向き合い新たな雇用を創出していく

アクシスコンサルティング 山尾幸弘社長 顧客の成長戦略と向き合い新たな雇用を創出していく

少子高齢化、グローバル化が進む中で、優秀な人材が活躍できる場を創出することで日本経済の発展に寄与したいというアクシスコンサルティング。代表取締役社長の山尾幸弘氏に、そのための取り組みや今後の人材紹介業の展望について話を聞いた。
【コンサルティング分野の中途採用】サイバーセキュリティの脅威深刻化でセキュリティ領域のニーズ高まる

【コンサルティング分野の中途採用】サイバーセキュリティの脅威深刻化でセキュリティ領域のニーズ高まる

アクシスコンサルティング 伊藤 文隆 エグゼクティブコンサルタント/執行役員

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中