2019年2月25日

【コンサルティング分野の中途採用】事業変革、IT、M&Aの推進で、事業会社がコンサルタント経験者を採用

アクシスコンサルティング 伊藤 文隆 取締役

 (23422)

 即戦力人材(シニアコンサルタント、マネジャークラス)のニーズが高まっています。ポテンシャル層の採用は順調な企業でも、若手を教育・育成しプロジェクトをリードするマネジャーが枯渇しており、プロジェクト受注を見合わせるケースもあるようです。

 特に2025年に保守切れとなるSAP領域は採用に苦戦しているケースが目立つ他、継続して先端テクノロジー(IoT、デジタル、ビックデータ、AI、RPA等)領域、ITに起因するサイバーセキュリティー、ITリスク領域も人材が枯渇しています。企業・事業再編に伴うM&A関連のコンサルタントも依然としてニーズが高い状況です。

 求職者は、事業会社とコンサルティング業界の両方を視野に入れてキャリアを考えるケースが増えています。サラリー含めた待遇面をコンサルティング業界と同等レベルに設定している事業会社もあり、コンサルタント経験者の事業会社への転身の心理的ハードルは3年前に比べ下がっていると感じています。

 事業会社がコンサルタント経験者を求める理由の一つは、事業変革・推進など従来のポジションに加え、ITの推進やM&AおよびPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)などコンサルタントの経験が活かせるテーマが増えているためです。

 コンサルティング業界の即戦力採用では、①会社や組織の具体的な課題を伝える、②会社でのキャリアパスだけではなくキャリアの市場価値を伝える、ことで成果が出ているケースが複数あります。

 ①については、特にマネジャークラスになると、大量採用の中の一人ではなく、価値提供・貢献できるポイントが明確になっているほうが参画したい気持ちが強くなる傾向にあります。②については、ITリスクやサイバーセキュリティーなど市場が拡大していく領域では特に効果的です。

 その他スピーディーに即戦力を採用したい場合は、当社でもサービス提供をしているプロフェッショナルなフリーランスのコンサルタントを活用する事例も増えてきています。

アクシスコンサルティング「コンサルタント、グローバル人材のキャリア支援に強みを持っています」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

アクシスコンサルティング「コンサルタント、グローバル人材のキャリア支援に強みを持っています」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
アクシスコンサルティングは、コンサルタントとグローバル人材の紹介で強みを発揮する。分業体制のコンサルティングへの変更によって専門性を高め、企業と候補者双方へのコミットメント強化を図っている。キャリアアドバイザーとして中長期にわたってキャリア支援に取り組む姿勢が人材紹介の評価につながっている。事業会社のコンサルタント採用、フリーランスのコンサルタントの活用、海外向けサービスの拡充など、成長企業をさらに支援できる仕組みづくりを進めている。(日本人材ニュース編集部の評価)

◆◆◆人材サービス会社の業績はこちら◆◆◆

◆◆◆人材サービス会社の業績はこちら◆◆◆
人材採用や人材育成、組織・人事などを支援するサービス会社の業績を紹介しています。

◆◆◆雇用・採用データはこちら◆◆◆

◆◆◆雇用・採用データはこちら◆◆◆
雇用・採用に関する各種データを紹介しています。

人材コンサルティング会社&サービスガイド100選2018

人材コンサルティング会社&サービスガイド100選2018
人材コンサルティング会社&サービスガイド100選では、人事専門誌「日本人材ニュース」が「経営者・人事担当者へのヒアリング」と「コンサルティング会社の経営者・事業責任者へのインタビュー」によって、コンサルティング会社を評価・選定し、サービス内容や事業方針を紹介しています。
中途採用(人材紹介、リテインド・サーチ、求人サイト)
新卒採用(人材紹介、採用支援)
アルバイト
RPO
ダイレクト・ソーシング/ダイレクト・リクルーティング
リファラル採用
顧問紹介
採用支援
人材派遣、アウトソーシング
再就職支援
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
EAP・メンタルヘルス
HRテック
医療機関専門サービス
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

失敗しない 銀行員の転職【著者が語る】

失敗しない 銀行員の転職【著者が語る】

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 渡部昭彦 代表取締役社長
長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

 「働き方改革」として「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」に取り組んだ企業は6割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。
要注意!給与の不満から考える転職活動

要注意!給与の不満から考える転職活動

転職市場は引き続き活況であり、これを機に自身の転職について考える人も多いだろう。その中で「現状より給与アップ」は転職理由ベスト3に入る。しかし転職によって給与は上がるのか、現在の転職市場の状況を踏まえながら解説していく。
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。
【バイリンガルの中途採用】AI・IoT技術の実用化が加速し、営業スペシャリストやエンジニアが不足

【バイリンガルの中途採用】AI・IoT技術の実用化が加速し、営業スペシャリストやエンジニアが不足

ロバート・ウォルターズ・ジャパン デイビッド ・スワン 代表取締役社長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】

セミナー・イベント一覧