人材採用動向レポート

【コンサルティング分野の中途採用】サイバーセキュリティの脅威深刻化でセキュリティ領域のニーズ高まる

日本人材ニュース

アクシスコンサルティング
伊藤 文隆 エグゼクティブコンサルタント/執行役員

経営の意思決定・変革スピードが早くなり業界全般でプロジェクト受注が好調な状況で、コンサルタントの採用ニーズも高まっています。

特にニーズが高いのがセキュリティ領域です。サイバーセキュリティの脅威が深刻化し、国が主導し対策に取り組んでいるほどですから、企業においてもセキュリティの対策は重要な課題になっています。コンサルティング会社はセキュリティ領域のサービスを拡充し人員増を計画していますが、経験者が市場に少なく人員確保に苦慮しています。

採用の対象としては同業他社の他、セキュリティベンダー等でセキュリティ製品の導入やプリセールスの経験者です。ポテンシャルクラスでは、ネットワークエンジニアも一定のセキュリティの知識があるため対象になるケースがあります。

その他のトレンドには、デジタルマーケティング、ビックデータ、クラウド等があります。また共通のスキルには、グローバルプロジェクトが増えているため、語学力(特に英語)がより重要視されるようになっています。

候補者の立場では現在の転職市場を「売り手市場」と考える方が増えており、待遇面の向上だけでなく業務内容(より上流の経験が積める等)にこだわりを持った候補者が増えています。また人員不足により現職の引き留めが強化され、内定を獲得しても現職へ残留するケースも増えています。

前述の理由もあり、同業他社からの採用はカジュアルな形式での面談が有効です。またポテンシャル採用を強化している企業が増えていますが、ポテンシャルの定義を少しずらすと採用が上手くいくと思います。

例えば人事コンサルタントの場合、企業内人事経験者が一般的にポテンシャル採用に該当します。逆にITなど別領域のコンサルタントをポテンシャル採用し、人事知識を身に付けてもらっても良いと思います。

ITからビジネス領域にいきたいコンサルタントは多く、ベーススキルは持っているためキャッチアップが早いはずです。実際こうした取り組みを行う会社の採用は成果が出ています。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP