2020年1月20日

【新卒採用】学生の志望業界・企業の絞り込み早まり、6割の企業が3月までに面接開始

ディスコ 武井 房子 キャリタスリサーチ上席研究員

 (26292)

 当社は年間を通じて、企業と学生に採用・就職関連の調査を実施しています。その中で感じるのは、まず企業の採用意欲の高さです。ここまで9年連続で増加傾向が続いてきましたが、2021卒についても引き続き堅調で、採用規模は維持される見込みです。業界や企業によりまだら模様ではあるものの、売り手市場はまだ続きそうです。

 一方、学生は潮目を敏感に感じ取っているような素振りが見えます。昨年11月に現3年生(修士1年生)へ就職戦線をどう見るかを尋ねたところ、8割超の学生が「先輩たちよりも厳しくなる」と回答しました。前年調査に比べ約30ポイントも増加しました。

 東京オリンピック後の景気低迷などを睨んで、採用数が減少に転じるのではと懸念する声が挙がっています。ただもっと多いのは、経団連の指針廃止に絡む声です。日程ルール自体は変わりませんが、指針が出ないことで早期化が進むと見て、就活の乗り遅れを心配する学生が目立ちます。早めに準備に取り掛かる傾向が強く、志望業界や企業を絞り込むタイミングが早まっている様子が見て取れます。

 指針廃止の影響がどの程度になるかはまだ分かりませんが、企業の動き出しが早まるのは間違いないでしょう。当社の調査では、特に面接開始時期を早める動きが顕著です。採用広報解禁直後の3月に面接試験を開始する予定だと回答した企業が4割に上り、それより前の2月中に開始する企業が約2割。インターンシップで接点をもった学生に対して、自社への興味が高まっているうちに、ということでしょう。

 面接だけでなく内定出しも早まる見込みですが、採用は内定を出して終わりではなく、その後のフォローも重要です。ここ数年の学生を見ていると、スピード選考で企業をまだよく知らないうちに内定が出て、戸惑うケースも少なくありません。

 早期化が進むとすると、意思決定のために、内定が出てから本格的に企業研究を行う学生はさらに増えそうです。現場社員との面談や職場見学などを通して企業理解を促す工夫が必要になるでしょう。

ディスコの関連記事

ディスコ「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

ディスコ「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
ディスコは、企業の人材採用をサポートする企業として歴史もあり、求人サイトの運営などにより多くの採用に関するノウハウを蓄積している。企業における人材に対する考え方を「人財」と定義して、提供するサービスの価値の向上を目指している。新卒紹介では登録した学生全員に面談への呼び込みを行うなど、企業と学生の間にコンサルタントが介在する価値に徹底してこだわり、採用プロセスの効率化とミスマッチの防止を重視した人材紹介サービスを提供している。(日本人材ニュース編集部の評価)
4 件

関連する記事

ディスコ/アセアン地域の大学生採用支援を強化 他

ディスコ/アセアン地域の大学生採用支援を強化 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ディスコ、MyRefer、インソース、ヒューマンリソシア、ステラス】
【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

外資系企業が必要とするバイリンガル人材の採用競争が一層激しさを増している。従来の採用手法だけでは十分な応募を集めることが難しくなっており、必要な人材を確保するためには潜在的な候補者にもアプローチしていくことが欠かせなくなっている。
テクノブレーン/大学院や研究機関の研究者をスカウト 他

テクノブレーン/大学院や研究機関の研究者をスカウト 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する 【テクノブレーン、ディスコ、チームスピリット、Institution for a Global Society、キャリン、ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック、マキシマイズ】

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中