2015年4月27日

【外資系企業の中途採用動向】人事関連業務を包括的に管理できるプロフェッショナルに強い需要

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン ジョナサン・サンプソン マネージング ディレクター

 (3466)

 人材獲得競争はますます激化する中、企業各社はトップクラス人材の採用や引き留めに向けた努力を強いられています。そのため人事関連業務を包括的に管理できるプロフェッショナルには常に強い需要があります。
 金融業界では賞与時期で人材の流動化が見られるものの、フロントオフィスとサポート部門でシニアレベルの求人が増加。製薬をはじめとするライフサイエンス分野ではCRO需要が高まり、ハイレベル人材の不足感が急速に深刻化しています。

 Webベースのアプリケーションに移行する企業が増加しているIT分野では、JavaやMicrosoftのWeb開発経験者の需要が高まっており、GPU、JavaScript MV、CSSフレームワークなど新技術の知識も求められています。
 M&Aの加速や外資系企業の新規参入を受けて、オフィスプロフェッショナル関連では通訳・翻訳の大量求人が見られます。海外展開を積極的に図る国内企業も増加しており、こうした人材需要は一層高まっています。
 採用市場のグローバル化は明らかです。企業は海外との折衝を通してビジネスチャンスを最大化できる能力を重視しており、語学力だけでなく異文化対応力の高いグローバル人材を求めています。
 楽観的な経済見通しの一方で先行き不透明な要素も残されている中、社内システムの強化を課題とする企業が増えているのを受けて、派遣社員の採用もITを中心に上向いています。
 有能な人材を獲得するためには魅力的なEVP(従業員に対する価値提案)を提示する必要があります。給与・報酬が業界適正水準であることはもちろん、企業文化、ダイバーシティやワークライフバランス、能力開発への取り組みも重要な要素です。

 有能な人材には複数のオファーが届く現状の中、人材を迅速に確保するために採用プロセスの明確化と効率化が問われています。国内企業の多くが新年度を迎えるこの時期、新たな予算枠の下で、この先数カ月も活発な採用が続くと予測されものと見られます。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン「グローバル人材、ハイスキル人材、幹部人材紹介に実績がある世界最大級の人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン「グローバル人材、ハイスキル人材、幹部人材紹介に実績がある世界最大級の人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
マーク・ブラジ マネージング・ディレクター
8 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【サプライチェーンの中途採用】調達戦略見直しで、バイリンガル・経営戦略の知識を備えた人材に需要

【サプライチェーンの中途採用】調達戦略見直しで、バイリンガル・経営戦略の知識を備えた人材に需要

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン マーク・ブラジ マネージングディレクター
人材紹介会社のヘイズがリクルートメント・インターナショナル・アワードを2年連続受賞

人材紹介会社のヘイズがリクルートメント・インターナショナル・アワードを2年連続受賞

 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(東京・港、マーク・ブラジ マネージング・ディレクター)は、英国Recruitment Internationalが主催する「Recruitment International Awards 2016」(リクルートメント・インターナショナル・アワード)で、採用アウトソーシング部門の最優秀賞を2年連続で受賞した。
スキル不足の企業が人材育成を強化 求人ではジュニアレベルの候補者への注目度高まる ヘイズ・ジャパン採用動向レポート

スキル不足の企業が人材育成を強化 求人ではジュニアレベルの候補者への注目度高まる ヘイズ・ジャパン採用動向レポート

 人材紹介のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(東京・港、マーク・ブラジ マネージング・ディレクター)は、2016年4月~6月期の採用動向レポートを発表した。レポートの中で、社員のスキル不足に直面する企業が積極的に社員教育に取り組み、自ら人材を育成しようとし始めており、求人では今後ジュニアレベルの候補者への注目度が高まると指摘している。
職場における女性社員の不平等感根強く ヘイズ・ジャパン意識調査

職場における女性社員の不平等感根強く ヘイズ・ジャパン意識調査

 日本の企業では賃金や活躍の機会に対する職場における女性の不平等感が根強いことが、国内でグローバルな人材紹介事業を運営するヘイズ・ジャパンが社会人を対象に実施した「ジェンダーダイバーシティー意識調査」の結果から分かった。
グローバルマインドを持つ人材が不足する日本

グローバルマインドを持つ人材が不足する日本

企業の採用責任者の頭を悩ませているのが、英語によるコミュニケーション力と高度な専門スキルを持つ人材の確保だ。こうした人材の紹介を専門に行うヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンで責任者を務めるジョナサン・サンプソン氏に、企業の採用動向や課題などについて聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース