2017年6月30日

AI・IoT人材の採用を成功に導き、企業の成長と変革に貢献する 兆 近藤保代表取締役

さまざまな分野でAI・IoTの活用が本格化する中、エンジニアや事業開発を担える人材の獲得競争が激しくなっている。AI・IoT分野専門のコンサルタントを擁し、クライアントの採用を支援しているエグゼクティブ・サーチ会社、兆(きざし)の近藤保代表取締役にコンサルティングの特徴や採用事例などを聞いた。

 (12542)

近藤保 代表取締役

三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)で支店営業、本部でデリバティブ商品の営業推進、全社ウェブビジネスを企画・推進。2000年、大手エグゼクティブ・サーチ会社に入社。大阪拠点を立ち上げ、西日本責任者、取締役ヘッドハンティング事業部長を歴任。2011年に兆を設立。通算約500件以上のヘッドハンティング実績(うち上場企業の代表取締役ポジションに20件余、取締役・執行役員ポジションで約100件)がある。名古屋工業大学大学院生産システム工学修士。

まず、貴社の事業内容と人材サーチの特徴を教えてください。

 当社は、経営者、経営幹部およびプロフェッショナル人材を対象としたリテイナー型のサーチ会社です。技術者や社外取締役などのサーチ実績も豊富で、クライアントの要請を受けて探し出す候補者は、コンサルタントが現職で活躍中の人材にアプローチします。

 当社のサーチは単純なスペックの追求ではなく、候補者の価値観とクライアントとの相性を重視した“摺り合わせ型”が特徴です。ほとんどのコンサルタントが10年、20年以上の経験を持ち、広範な人脈と独自のネットワークが強みです。

 また当社は世界トップ5のエグゼクティブ・サーチ・グループで世界35カ国に展開する「Alto Partners」の日本代表会社であり、グローバルなエグゼクティブ・サーチ協会(AESC)の会員として世界最高水準のサービスを提供しています。

AI・IoT人材の獲得に動く企業が増加しているようですが、どのような相談が入っていますか。

 AI・IoT人材のサーチで相談を受けるパターンは主に二つあります。

 一つは、経営トップが様々な機会を通じてAI・IoT関連の情報を得て、「我が社も本格的に取り組まなければならない」という考えを持たれて動き出す場合です。経営企画や人事の方から連絡が入る場合は、経営トップからの指示であることが多いです。

 もう一つは既存のサービスや保有技術にAI・IoTを組み合わせて新しい事業を創り出すという狙いで、この場合は事業部門や研究所などからの相談が中心です。

 AI・IoT人材の獲得競争は過熱していますので特に注意が必要なのですが、獲得した人材の能力をどのように活用して事業を成長させたり、組織を変革させていくのかという具体案がないまま採用に動いてもうまくいきません。
 これはAI・IoT人材に限らず、外部から人材を獲得すること全般に言えることですので、当社のコンサルティングでは人材サーチに動く前工程の部分を非常に大切にしています。

 AI・IoT人材の採用を検討する場合、まずはAI・IoTの活用事例や企業ニーズについて整理した内容(図参照)を確認しながら、基盤構築や目的の具現化において採用する人材に求める役割や知識・スキルを整理していきます。

 その上で、求める人材が実際にどこにいるのか、具体的な社名や組織名を挙げて人材獲得へのしっかりとした道筋をクライアントと共有しています。

2年以上前からAI・IoT人材を開拓し、ノウハウを蓄積

AI・IoTの活用事例と主な企業ニーズ

AI・IoTの活用事例と主な企業ニーズ

採用で貴社のようなリテイナー型のサーチ会社を利用する日本企業はこれまで限られていたと思います。変化が出てきているのでしょうか。

 AI・IoT人材の採用でクライアントが当社にサーチを依頼する理由は、そもそもAI・IoT人材が限られている上、求職者が中心の転職市場には企業が求めるような候補者が存在しないからです。

 特に技術系の人材は積極的に転職に動いたり、人材紹介会社に自ら登録するようなことは少なく、現職で活躍している優秀な人材ほど転職市場には現れない傾向があります。

 そのため、この領域に限らずスピーディーかつ的確に人材を発掘し獲得するためには専門的なサーチノウハウを持つコンサルタントとの共同作業でなければ困難です。

 さらに、AI・IoTの技術で収集、蓄積、分析した結果を、どのようにビジネスに融合していくかという経営・事業におけるアクションまでつなげて考えていくと、エンジニアを獲得するだけではなく、AI・IoTに精通した事業開発型人材やマネジメント人材も欲しいというニーズが出てきます。
 こうした企業の人材ニーズに応えて経営課題を解決していくため、当社は2年以上前からAI・IoT人材の開拓に注力し、人材獲得の処方箋を一番持っていると自負しています。

 そして、依頼を受けたサーチがたまたま成功したということではなく、必然的に成功させていくためにはクライアントの事業や組織までを深く理解した総合的なコンサルティングが必要になります。

 当社のリテイナー型のコンサルティングに十分な価値があると評価をいただいているからこそ、AI・IoT人材のサーチを任せようと思っていただけるのではないでしょうか。

AI・IoT分野の人材サーチのプロセスやコンサルタントの特徴を教えてください。

 経営トップと現場でAI・IoTに対する考え方にギャップがあるケースも見られますので、通常のコンサルティングよりもサーチに入る前工程に時間が掛かります。企業として何を目指すのかを共有していく部分がとても重要です。

 とは言え、漠然とした話に時間を掛けていては採用が遅れてしまいます。そこで当社の強みとなっているのが、AI・IoT分野の豊富な人材プールを保有していることです。
26 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

グローバル化の進展などによって日本企業を取り巻く環境が大きく変化している。経営幹部層の獲得や人材アセスメントの実態に詳しい日本コーン・フェリー・インターナショナル社長の妹尾輝男氏に、日本企業の人材戦略の課題や今後求められるリーダーの条件などについて聞いた。
経営幹部を外部から採用する企業の狙いと獲得手法 島本パートナーズ 安永雄彦社長

経営幹部を外部から採用する企業の狙いと獲得手法 島本パートナーズ 安永雄彦社長

経営組織課題の解決を目的に、経営幹部を外部から採用する企業が増えている。経営者や経営幹部、専門分野のプロフェッショナルを対象とするエグゼクティブ・サーチを手掛ける島本パートナーズの安永雄彦社長に、経営幹部を外部から採用する企業の狙いや人材獲得の手法について聞いた。
グローバル化で加速する経営人材の獲得 リテインド・サーチの現場から

グローバル化で加速する経営人材の獲得 リテインド・サーチの現場から

 企業のグローバル化が進行する中、経営幹部やスペシャリスト採用でリテインド・サーチを活用し始めた日本の企業が増えている。一般的な人材紹介との違いや活用事例について、グローバルな人材サーチ大手4社のリテインド・サーチの現場を取材した。
質の高いコンサルティングを支える経営で顧客の信頼を獲得 シグニアム インターナショナル 福居徹社長

質の高いコンサルティングを支える経営で顧客の信頼を獲得 シグニアム インターナショナル 福居徹社長

これまで経験したことがない経営危機に見舞われている人材紹介業界。本紙調査でも、各社それぞれの事情があるものの、人材紹介会社の売上は2008年度と2009年度の比較で40~60%の大幅ダウンとなっている。こうした状況の中でも、人員削減などのリストラを行わずに売上の減少幅を10%程度に抑えた会社がある。それが、エグゼクティブ・サーチのシグニアム インターナショナルだ。注目すべき特徴は、米国のサーチ・ビジネスで培われてきた質の高いコンサルティングと経営の実践にある。その秘訣をシグニアム インターナショナルの福居徹社長に聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース