2018年8月13日

1on1マネジメント どこでも通用するマネジャーになるためのピープルマネジメント講座【著者が語る】

エム・アイ・アソシエイツ 松丘 啓司 代表取締役社長

 (22324)

エム・アイ・アソシエイツ 松丘 啓司 代表取締役社長

 上司と部下の1対1での頻繁な対話(1on1:ワンオンワン)を制度として導入する会社が増えています。従来の目標管理における半期に1度の面談が業績向上にほとんど役立っていないと認識されつつあるからです。

 変化のサイクルが短い環境のもとでは、リアルタイムでのフィードバックが求められていますが、半期に1度の面談では期間が空きすぎて学習効果が得られません。

 また、従来の面談は目標の達成度の管理が中心で、成長を支援するという目的が希薄でした。管理するだけでは業績向上につながらないため、1on1ではメンバーの成長やパフォーマンス向上を上司が支援するという目的が重視されています。

 しかし、管理は得意だが、一人一人のパフォーマンス向上を支援する「ピープルマネジメント」には不慣れなマネジャーが大半を占めているのが実態です。そのため、1on1が効果的だと耳にしても、具体的に何をすればよいのかがよくわかりません。

 また、次のような断片的な情報もマネジャーを混乱させる原因になっています。

 「1on1はコーチングの場だ」。そういう側面もありますが、それは1on1の部分に過ぎません。

 「1on1では業務以外の話をすべきだ」。業務以外の話をしても構いませんが、成長やパフォーマンス向上につながらないと意味がありません。

 「1on1の場で上司は部下に寄り添う必要がある」。マネジャーは心の温かい人でなければ務まらないわけではありません。

 1on1を効果的に機能させるには、マネジメントスキル以前にマネジャーのマインドセットを切り替えることが不可欠です。本書では、まず1on1が求められる背景と1on1の狙いを解説した上で、ピープルマネジメントにおける「マネジャーの役割」を整理しています。

 さらに「部下理解・相互理解」「目標設定支援」「リフレクション支援」「キャリア開発支援」「チームパフォーマンスの最大化」という目的に照らしたマネジメントの35のポイントを体系的に解説しています。
1on1マネジメント どこでも通用するマネジャーになる...

1on1マネジメント どこでも通用するマネジャーになるためのピープルマネジメント講座

松丘啓司 著
ファーストプレス、1,500円+税

エム・アイ・アソシエイツの関連記事

1on1navi(ワンオンワンナビ)「上司と部下の頻繁な対話の場“1on1”を支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

1on1navi(ワンオンワンナビ)「上司と部下の頻繁な対話の場“1on1”を支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
人と組織の内発的変革を支援しているアジャイルHRは、個人のパフォーマンス向上を通じて、組織全体のパフォーマンスを高める「パフォーマンスマネジメント」にいち早く着目し、臨機応変な目標設定とフィードバックを支援するスマートフォンアプリ「1on1navi(ワンオンワンナビ)」を開発した。これまでの目標管理に問題を感じながらも変革に取り組めていなかった企業にとっては、リアルタイムでのフィードバックや個人の特性に応じたマネジメントを実現していくための強力な武器になりそうだ。(日本人材ニュース編集部の評価)
6 件

関連する記事

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
エム・アイ・アソシエイツ/個人の能力を磨き、組織のパフォーマンスを高めるプログラム

エム・アイ・アソシエイツ/個人の能力を磨き、組織のパフォーマンスを高めるプログラム

人材開発サービスのエム・アイ・アソシエイツ(東京・港、松丘啓司社長)は、人材開発に力を入れ個人の能力を高めることで企業のパフォーマンスを上げるプログラム“パフォーマンスマネジメント革新サービス”の提供を開始した。
2016年度 中途採用を成功に導く6つのポイント

2016年度 中途採用を成功に導く6つのポイント

2016年度の中途採用がスタートした。中途採用に最も影響を与えそうなのが一層の景気拡大による人材需要の増加だ。中国経済の減速による不安定化を指摘する声もあるが、産業全体が好調なことに加え、東京オリンピック開催までのインバウンド需要などで国内外の人材需要はさらにひっ迫しそうだ。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中