2018年8月2日

社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方【著者が語る】

賃金管理研究所 大槻 幸雄 取締役副所長

 (22108)

賃金管理研究所 大槻 幸雄 取締役副所長

 現在の労働市場は、まさに売り手市場。中小企業経営者の多くが、社員の採用や定着に頭を悩ませています。社員が辞めたとき、退職理由が「この会社は自分とは合わない」「やりたいことができない」など社員の側にあるならいざ知らず、「給与についての説明もなく、昇給や昇格の基準がわからない」「自分自身の将来設計が描けない」など会社側に原因がある場合、早急にこれを解決しない限り社員の定着は望めず、明るい未来像は描けません。

 「人事制度や賃金制度は複雑で非常に難しいもの」との思いから、社員の処遇決定ルールの見直しになかなか踏み出せない経営者も多いようです。しかし、人手不足の問題がますます深刻になるのは必至。厳しさを増す雇用環境だからこそ、自社にふさわしい人材の採用・定着を進め、社員がそれぞれに目的意識を持って仕事に集中できる環境づくりを急ぐ必要があります。

 社員の賃金処遇を決める合理的なルールの確立は経営者にとって重要な課題であり、その中核に位置づけられるのが、シンプルで合理的な社員の成長にもつながる給与制度づくりです。

 雇用の流動性が増したとはいえ、自社に入社した社員が納得して仕事に励み自らの成長を実感しつつ、定年まで働き続けることができれば、社員にとっても会社にとってもそれ以上に幸福なことはありません。それこそが「社員を大切にする」ということの基本だと考えています。

 本書は、シンプルで合理的な給与制度を確立することの大切さを、分かりやすく伝えることを目的としています。自社の課題の発見からスタートし、人事処遇の基本となる等級制度の考え方、基本給の設計、昇給ルールの確立、評価制度の基本的な仕組み、賞与配分など、この1冊で給与制度と人事評価の全体像を概観し、その要点を掴むことができます。

 本当に押さえるべき給与制度の急所はどこかを会得され、会社の繁栄と社員の幸せにつなげていただくことを心より願ってやみません。
社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方

社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方

大槻幸雄 著
あさ出版、1,600円+税

賃金管理研究所の関連記事

賃金管理研究所「賃金制度の草分けとして6700社を支援。業績を向上させる賃金・人事制度を構築します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

賃金管理研究所「賃金制度の草分けとして6700社を支援。業績を向上させる賃金・人事制度を構築します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
賃金管理研究所創業者である弥富賢之氏は日本の賃金制度の草分けである「弥富式」を確立。創業58年が経った現在、中小企業から上場企業まで累計6700社以上において指導実績がある。賃金管理研究所の賃金・人事制度は「分かりやすい」「使いやすい」「長持ちする」の3つを基本とし、実力主義に主眼を置いた「責任等級制度」の構築が特長だ。社員のやる気や業績向上意欲に結びつく賃金・人事制度として、安心して取り入れることができる。(日本人材ニュース編集部の評価)
6 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中