2018年8月2日

社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方【著者が語る】

賃金管理研究所 大槻 幸雄 取締役副所長

 (22108)

賃金管理研究所 大槻 幸雄 取締役副所長

 現在の労働市場は、まさに売り手市場。中小企業経営者の多くが、社員の採用や定着に頭を悩ませています。社員が辞めたとき、退職理由が「この会社は自分とは合わない」「やりたいことができない」など社員の側にあるならいざ知らず、「給与についての説明もなく、昇給や昇格の基準がわからない」「自分自身の将来設計が描けない」など会社側に原因がある場合、早急にこれを解決しない限り社員の定着は望めず、明るい未来像は描けません。

 「人事制度や賃金制度は複雑で非常に難しいもの」との思いから、社員の処遇決定ルールの見直しになかなか踏み出せない経営者も多いようです。しかし、人手不足の問題がますます深刻になるのは必至。厳しさを増す雇用環境だからこそ、自社にふさわしい人材の採用・定着を進め、社員がそれぞれに目的意識を持って仕事に集中できる環境づくりを急ぐ必要があります。

 社員の賃金処遇を決める合理的なルールの確立は経営者にとって重要な課題であり、その中核に位置づけられるのが、シンプルで合理的な社員の成長にもつながる給与制度づくりです。

 雇用の流動性が増したとはいえ、自社に入社した社員が納得して仕事に励み自らの成長を実感しつつ、定年まで働き続けることができれば、社員にとっても会社にとってもそれ以上に幸福なことはありません。それこそが「社員を大切にする」ということの基本だと考えています。

 本書は、シンプルで合理的な給与制度を確立することの大切さを、分かりやすく伝えることを目的としています。自社の課題の発見からスタートし、人事処遇の基本となる等級制度の考え方、基本給の設計、昇給ルールの確立、評価制度の基本的な仕組み、賞与配分など、この1冊で給与制度と人事評価の全体像を概観し、その要点を掴むことができます。

 本当に押さえるべき給与制度の急所はどこかを会得され、会社の繁栄と社員の幸せにつなげていただくことを心より願ってやみません。
社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方

社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方

大槻幸雄 著
あさ出版、1,600円+税

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「同一労働同一賃金で最高裁が初判断」ハマキョウレックス事件・長沢運輸事件

人事実務の最新重要判例「同一労働同一賃金で最高裁が初判断」ハマキョウレックス事件・長沢運輸事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、ハマキョウレックス事件及び長沢運輸事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成30年6月1日判決)を紹介します。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

春季賃上げの平均妥結額7033円、賃上げ率は3年ぶりに前年比増

春季賃上げの平均妥結額7033円、賃上げ率は3年ぶりに前年比増

 資本金10億円以上で従業員1000人以上の企業334社の春季賃上げの平均妥結額は7033円となったことが、厚生労働省の集計で分かった。賃上げ率は2.26%で3年ぶりに前年比増となっている。
6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ2.8%増となったことが、厚生労働省が発表した6月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
最低賃金は平均26円引き上げ、東京は958円、大阪も初の900円超

最低賃金は平均26円引き上げ、東京は958円、大阪も初の900円超

 全国最低賃金の引き上げ額の平均は26円で、比較できる2002年以降で最高額となる引き上げとなったことが、中央最低賃金審議会から厚生労働省に答申された。
5月の実質賃金1.3%増、現金給与総額は2.1%増

5月の実質賃金1.3%増、現金給与総額は2.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.3%増となったことが、厚生労働省が発表した5月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
4月の実質賃金は増減なし、現金給与総額は0.8%増

4月の実質賃金は増減なし、現金給与総額は0.8%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べて増減なしの同水準となったことが、厚生労働省が発表した4月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース