2017年5月19日

【著者が語る】いい人材が集まる、性格のいい会社

ミライフ 佐藤雄佑 代表取締役

 (12159)

ミライフ 佐藤雄佑 代表取締役

 「うちみたいな中小企業にはいい人なんて来てくれないから」「やりたいことはたくさんある。でも任せられる人がいないんだよ」「とはいえ、大手じゃないから高い給料は出せない」

 私はリクルートキャリアで自らも人事マネジャーをしてきましたし、若手からエグゼクティブまで幅広く人財コンサルタントとしてクライアントの採用を支援してきました。これらの言葉は、企業の経営者や人事の方々とお話している中で、よく聞く言葉です。

 昨今、採用は活況なので、中小・ベンチャーはもちろんのこと、大手企業であっても自社が採用したいようないい人材は、他社も採用したいわけで、し烈な人材獲得競争が繰り広げられています。なので、このような悩みもよくわかります。ただ、それを言ってしまったら、そこで試合終了ですよね。

 私は「どうしたらいい人材が採用できるのか」をずっと考えてきましたが、そこで行きついたのが「性格のいい会社」という考え方です。実際、人事・採用の現場に12年以上いて、数千人の転職相談に乗りながら、多くの会社のいいところ、悪いところをリアルに見てきたからこそ、候補者目線の「いい人材が入りたいと思う会社」を言語化できたと思っています。

 いい人材の採用は経営課題であり、経営戦略です。人事の役割はいい人材が採用できないのであれば、どうしたら自社にいい人材が来てくれるのか、その理由を本気で作りに行くことが大事だと思っています。

 なぜならば、これからのVUCAの時代、必要な経営資源はヒトモノカネ情報ではなく、ヒトヒトヒトヒトになるからです。

 だからこそ、「人を起点とした経営」にコミットしなければいけないですし、いい人材を集めるためにできることをやっていく、つまり会社を変革していくことが求められています。これこそ戦略人事です。経営者のコミットがスタート地点であり、そのコミットを引き出すのが、人事のロジック&ストーリー力だと思っています。
いい人材が集まる、性格のいい会社

いい人材が集まる、性格のいい会社

佐藤雄佑著
クロスメディア・パブリッシング、1,480円+税

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

社員参加の「社歌」が動画コンテストで注目高まる 採用広報ツールとして新たな可能性

社員参加の「社歌」が動画コンテストで注目高まる 採用広報ツールとして新たな可能性

HANJO HANJO 運営委員会は同委員会が運営する中小企業向けサイト「HANJO HANJO」において、動画コンテスト「中小企業 社歌動画コンテスト」を実施した。
マンパワーグループ、産休・育休者の総合支援サービス「はぐきゃり」提供開始

マンパワーグループ、産休・育休者の総合支援サービス「はぐきゃり」提供開始

マンパワーグループ(神奈川・横浜、池田 匡弥社長)は、株式会社ここるく(東京・目黒、山下 真実社長)と業務提携の上、産前・産後休業、育児休業取得社員の総合支援サービス「はぐきゃり」を法人向けに提供開始した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース