2013年10月10日

【ポストコンサル採用の実態 第4回】ポストコンサル採用で人事・経理・IT部門が変わる

コンサルティング会社出身者の「ポストコンサル」が、事業会社の管理部門に転職するケースが増えているという。経営者や管理部門の採用責任者から多くの求人依頼を受けている人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループの渡辺秀和社長に、事業会社の管理部門でポストコンサル採用が増えている理由やポストコンサルの特徴、最近の採用動向について解説してもらった。

 (759)

渡辺 秀和

株式会社コンコードエグゼクティブグループ 代表取締役社長 CEO

一橋大学商学部卒。三和総合研究所 戦略コンサルティング部門を経て、2008年にコンコードエグゼクティブグループを設立し、代表取締役社長CEOに就任。戦略コンサルタント、投資銀行・ファンド、外資系エグゼクティブ、起業家などへ1000人を超えるビジネスリーダーの転身を支援。第1回「日本ヘッドハンター大賞」コンサルティング部門で初代MVPを受賞。東京大学×コンコード「未来をつくるキャリアの授業」コースディレクター。著書『ビジネスエリートへのキャリア戦略』(ダイヤモンド社)、『未来をつくるキャリアの授業』(日経新聞出版社)。

管理部門で企画業務に抜擢されるポストコンサル

 近年、事業会社の管理部門が、ポストコンサルの採用を増やしています。その背景には、管理部門における企画業務が急増しているという実態があります。
 ビジネス環境の激しい変化やテクノロジーの進展によって、海外子会社の統合、クラウドへの移行、ビッグデータの活用などのように大規模な社内改革の頻度が高まり、管理部門にスピーディーな対応が求められる状況となっているのです。
 このため、管理部門で企画業務を推進する人材の不足が表面化しています。社内の管理部門に企画業務に関するノウハウやリソースが足りなければ、外部から調達せざるを得ません。そこで白羽の矢が立った先が、コンサルティング会社の出身者であるポストコンサルです。
 このため、管理部門で企画業務を推進する人材の不足が表面化しています。社内の管理部門に企画業務に関するノウハウやリソースが足りなければ、外部から調達せざるを得ません。そこで白羽の矢が立った先が、コンサルティング会社の出身者であるポストコンサルです。

経営視点と課題解決力を持つポストコンサルという存在

 経営者や管理部門の採用責任者からの相談で最も多いのは、「経営と連動した管理部門の機能が求められているにも関わらず、経営視点を持って仕事ができる人材が育成されていない」ということです。
 ポストコンサルは、経営方針や事業戦略を実現するために必要な仕組みを提案し、実際に導入して定着させるという仕事のプロセスを通じて鍛えられています。まさに、事業会社の管理部門が必要としている人材ニーズに応えられる存在です。
 コンサルタントというと、頭でっかちなイメージを持たれる場合もあります。しかし、ポストコンサルは、地に足のついた仕事をするのが大きな特徴です。彼らはさまざまな業界や企業で制度やシステムを導入してきた豊富な経験をもち、現場における課題解決を熟知していることが大きな強みとなっています。

ポストコンサルに目をつけた事業会社

 人事やシステム関連のポストコンサル採用は従来から比較的多く、最近はグローバルな人事制度の導入やシステム構築の経験がある人材に対するニーズが高まっています。
 新しいポジジョンとしては、「社内広報」があります。これは、経営トップが考えていることを社内に浸透させるという役割です。事業会社に経験者が少ないため、チェンジマネジメントコンサルの経験者やブランドコンサルの経験者を採用する企業が出てきています。
 今のところ、社内広報職を求人しているのは外資系企業が中心ですが、今後は日本企業でも必要なポジションとして増えてくると思います。
 そして、成長企業でも、一気にビジネスをグローバル化させる中で必要な人材として、ポストコンサルを積極的に採用しています。あるインターネット企業は、多国籍企業のグループ内取引価格を最適化し、税負担の軽減を図る「移転価格」のコンサル出身者を採用しました。
 超大企業の管理部門には専門家がおり、ノウハウもあります。しかし、成長企業では事業の成長に管理部門の能力が追いついていない場合が多く、このように事業拡大に伴って生じる専門人材の獲得が急務となっています。
 従来はコンサルティング会社だけでなく事業会社での経験も必要という採用条件が多く見られましたが、最近は事業会社の経験はなくて構わないという求人が多くなりました。
 それだけ人材獲得の競争が激しくなっているということもありますが、コンサルティング会社の経験しかないポストコンサルが事業会社に転職して活躍している様子を見て、事業会社での経験の有無が重要な条件ではないということが明らかになってきたためです。
ポストコンサルの経験プロジェクト例

ポストコンサルの経験プロジェクト例

上手にポストコンサルを活用する秘訣

 ポストコンサルの多くは事業会社への転職に非常に関心が高い一方、ポストコンサルが事業会社に転職して失敗しているケースも良く知っているため、転職先の選択は慎重に行っています。
 人事系やIT系コンサルタントは、戦略系コンサルタントほど給与水準は高くはなく、事業会社でも比較的採用しやすいと言えます。ただし、大切なのは「経営者や管理部門の責任者が、ポストコンサルの特徴を理解して、その能力を上手に活かす」ということです。
 ポストコンサルに成果を上げさせるには、彼らが得意とする企画業務を担当させるべきです。特に新しい制度やシステムを導入する場合には社内の反発も大きいため、経営トップの後ろ盾も欠かせません。
 このようなポイントを踏まえておけば、ポストコンサルを有効に活用できるでしょう。ポストコンサルが活躍している企業は、次の採用にも成功しやすく、人材獲得の好循環が生まれています。

株式会社コンコードエグゼクティブグループ

 (3663)

東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティキューブ18F
TEL:03-5542-1410
URL:http://www.concord-group.co.jp/

コンコードエグゼクティブグループ 「東大・京大出身者、ポストコンサルが集う次世代経営リーダーの人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

コンコードエグゼクティブグループ 「東大・京大出身者、ポストコンサルが集う次世代経営リーダーの人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
渡辺 秀和 代表取締役社長 CEO

【ポストコンサル採用の実態 第3回】ネット系の成長企業がポストコンサルを積極採用

【ポストコンサル採用の実態 第3回】ネット系の成長企業がポストコンサルを積極採用
多くのネット系の成長企業が、経営企画やマーケティング、海外事業などの重要ポジションを担う経営幹部や幹部候補として、コンサルティング会社の出身者である「ポストコンサル」を積極的に採用しているという。企業のポストコンサル採用を数多く支援している人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループの渡辺秀和社長に、ポストコンサル採用の実態を解説してもらった。

【ポストコンサル採用の実態 第2回】事業会社で活躍する“女性”のポストコンサル

【ポストコンサル採用の実態 第2回】事業会社で活躍する“女性”のポストコンサル
経営幹部や幹部候補に女性を積極採用する企業が増える中で、コンサルティング会社の出身者であるポストコンサルの女性が候補者として注目されているという。ポストコンサル採用に深い知見をもつ人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループの渡辺秀和社長に、企業の女性採用動向やポストコンサルが採用される理由などを解説してもらった。

【ポストコンサル採用の実態 第1回】地方企業の事業成長を牽引する「ポストコンサル」

【ポストコンサル採用の実態 第1回】地方企業の事業成長を牽引する「ポストコンサル」
コンサルティング会社出身者を採用する「ポストコンサル採用」が拡大しているという。多くの事業企業のポストコンサル採用を支援している人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ渡辺秀和社長による採用の実態や注意点の解説を連載する。第1回は「地方企業」のポストコンサル採用について取り上げる。
34 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

外資系企業が採用を増やす若手・女性のポストコンサル

外資系企業が採用を増やす若手・女性のポストコンサル

近年、コンサルティング会社出身者である「ポストコンサル」を積極的に採用する動きが本格化し、外資系企業もターゲットにしているという。企業のポストコンサル採用を数多く支援している人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ社長の渡辺秀和氏に、外資系企業の採用動向やポストコンサル採用の狙いなどを聞いた。
【ポストコンサル採用の実態 第3回】ネット系の成長企業がポストコンサルを積極採用

【ポストコンサル採用の実態 第3回】ネット系の成長企業がポストコンサルを積極採用

多くのネット系の成長企業が、経営企画やマーケティング、海外事業などの重要ポジションを担う経営幹部や幹部候補として、コンサルティング会社の出身者である「ポストコンサル」を積極的に採用しているという。企業のポストコンサル採用を数多く支援している人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループの渡辺秀和社長に、ポストコンサル採用の実態を解説してもらった。
【ポストコンサル採用の実態 第2回】事業会社で活躍する“女性”のポストコンサル

【ポストコンサル採用の実態 第2回】事業会社で活躍する“女性”のポストコンサル

経営幹部や幹部候補に女性を積極採用する企業が増える中で、コンサルティング会社の出身者であるポストコンサルの女性が候補者として注目されているという。ポストコンサル採用に深い知見をもつ人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループの渡辺秀和社長に、企業の女性採用動向やポストコンサルが採用される理由などを解説してもらった。
【ポストコンサル採用の実態 第1回】地方企業の事業成長を牽引する「ポストコンサル」

【ポストコンサル採用の実態 第1回】地方企業の事業成長を牽引する「ポストコンサル」

コンサルティング会社出身者を採用する「ポストコンサル採用」が拡大しているという。多くの事業企業のポストコンサル採用を支援している人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ渡辺秀和社長による採用の実態や注意点の解説を連載する。第1回は「地方企業」のポストコンサル採用について取り上げる。
グローバル化を急ぐ日系企業が注目「ポストコンサル採用」の実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

グローバル化を急ぐ日系企業が注目「ポストコンサル採用」の実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

 海外事業の立ち上げなどグローバル化を推進する日本企業が、コンサルティング会社出身者を採用する「ポストコンサル採用」を拡大させているという。「ポストコンサル採用」の実態に詳しいコンコードエグゼクティブグループ渡辺秀和社長に採用が拡大している理由や採用時のポイントを聞いた。
東大生のキャリア観が示すリーダー人材が選ぶ企業の条件【次世代リーダー採用の新たな指針】

東大生のキャリア観が示すリーダー人材が選ぶ企業の条件【次世代リーダー採用の新たな指針】

次世代リーダーの人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループでは、大手企業の若手社員からのキャリア相談が急増しているという。東京大学でキャリア設計の授業も行う同社の渡辺秀和社長に、次世代リーダー候補である東大生のキャリア観や次世代リーダー採用を成功させるために必要な企業人事の考え方などを解説してもらった。
長期視点の徹底 ― キャリア支援にベストを尽くせる組織の秘密 コンコードエグゼクティブグループ渡辺秀和社長CEO

長期視点の徹底 ― キャリア支援にベストを尽くせる組織の秘密 コンコードエグゼクティブグループ渡辺秀和社長CEO

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々と相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。キャリア支援を行うコンサルタントが定着し、高い成果を上げている理由はどこにあるのか。渡辺秀和社長にコンサルタントの採用や育成の方針などを聞いた。
東大×コンコード「未来をつくるキャリアの授業」 夢や志を実現し、豊かな社会を創造するキャリア設計を伝える

東大×コンコード「未来をつくるキャリアの授業」 夢や志を実現し、豊かな社会を創造するキャリア設計を伝える

エグゼクティブや若手リーダーのキャリア支援を行うコンコードエグゼクティブグループが、そのノウハウを活用して、東京大学で全12回にわたる本格的なキャリア設計の授業を開講した。授業のコースディレクターとして、全体企画・登壇をした同社代表の渡辺秀和氏に、東大生に伝えた内容や感じたことなどを聞いた。
【著者が語る】未来をつくるキャリアの授業

【著者が語る】未来をつくるキャリアの授業

コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和 代表取締役社長CEO
ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々と相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。代表取締役社長CEOの渡辺秀和氏に、事業展開と組織運営の方針などについて話を聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース