2018年12月13日

パワハラをなくす教科書【著者が語る】

メンタルプラス 和田 隆 代表取締役

 (22905)

メンタルプラス 和田 隆 代表取締役

 連日、テレビやニュースを賑わせている、スポーツ界のパワハラ騒動を眺めていると、「どうして、こうなるまで放っておいたのだろう」と疑問に思えてしまいますが、そこに至るまでにはそれなりの背景があったということを考えなければいけません。

 今やパワハラは企業の労使紛争のトップとなっており、既に企業でも一般化しつつあります。いうまでもなく、いったんパワハラが表に出てしまえば、当事者にとっても、組織にとっても、そのダメージは計り知れません。では、企業でパワハラが起きた場合には、どう対処したらいいのか。企業現場では、対策に取り組み始めた段階というのが、正直なところではないでしょうか。

 私は、多くの企業でパワハラについての講演や、具体的な問題解決のお手伝いをしていますが、早期に問題を把握し早期に対策を立てていくことが大切だと痛感しています。

 パワハラは、禁止してもなくなりません。言葉遣いに気をつけても、防止できません。なぜなら、パワハラは上司と部下の関係性の問題、コミュニケーションの問題、マネジメントの問題、業務負荷の問題、さらには、組織の運営方針・慣習の問題が、複合して起こるからです。

 解決するには、組織に内在する本質的な問題を把握し、改善することが必要です。まずは、パワハラがどんな具体的な問題から起きたのかを検討し、当事者の抱えている問題、上司と部下の関係、コミュニケーションの問題、マネジメントの問題を点検します。

 点検のプロセスでは、しばしば企業内の非効率な運営方針や、職場の不合理な慣習も浮かび上がります。つまり、パワハラ問題には、企業の非効率を効率化していくヒントが隠されています。

 いかにしてよい人材を確保し育てるかという、企業にとって最も切実な課題に応え、パワハラ問題をポジティブな「健康経営」「経営の効率化」へと転換させるヒントを本書より得ていただけますなら、著者としてこれ以上の喜びはありません。
パワハラをなくす教科書

パワハラをなくす教科書

和田隆 著
方丈社、1,500円+税

◆◆◆人材サービス会社の業績はこちら◆◆◆

◆◆◆人材サービス会社の業績はこちら◆◆◆
人材採用や人材育成、組織・人事などを支援するサービス会社の業績を紹介しています。

◆◆◆雇用・採用データはこちら◆◆◆

◆◆◆雇用・採用データはこちら◆◆◆
雇用・採用に関する各種データを紹介しています。

◆◆◆人材コンサルティング会社&サービスガイド100選はこちら◆◆◆ンサルティング会社&サービスガイド100選2018

◆◆◆人材コンサルティング会社&サービスガイド100選はこちら◆◆◆ンサルティング会社&サービスガイド100選2018
人材コンサルティング会社&サービスガイド100選では、人事専門誌「日本人材ニュース」が「経営者・人事担当者へのヒアリング」と「コンサルティング会社の経営者・事業責任者へのインタビュー」によって、コンサルティング会社を評価・選定し、サービス内容や事業方針を紹介しています。
中途採用(人材紹介、リテインド・サーチ、求人サイト)
新卒採用(人材紹介、採用支援)
アルバイト
RPO
ダイレクト・ソーシング/ダイレクト・リクルーティング
リファラル採用
顧問紹介
採用支援
人材派遣、アウトソーシング
再就職支援
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
EAP・メンタルヘルス
HRテック
医療機関専門サービス
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年は働き方改革の本格的始動をはじめ、企業のグローバル化や売り手市場における採用活動、さらには社員へのメンタルケアや研修・評価管理の充実など、人事担当者が取り組むべき課題は山積みだ。これらの課題解決を支援する、今後さらに注目されるサービスを提供している企業に対し、取材を行った。
週労働時間60時間以上の雇用者を5%以下に 過労死等防止対策白書

週労働時間60時間以上の雇用者を5%以下に 過労死等防止対策白書

 政府の発表した「過労死等防止対策白書」には、週労働時間60時間以上の雇用者の割合を現状の7.7%から2020年までに5%以下にするなど「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の目標が記載された。
メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所は8割超

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所は8割超

 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は58.4%となっていることが、厚生労働省の「労働安全衛生調査」で明らかとなった。前年調査では56.6%で、1.8ポイント増加した。
メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、小規模事業所で遅れ

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、小規模事業所で遅れ

 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は56.6%となっていることが、厚生労働省の「労働安全衛生調査」で明らかとなった。
相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

 全国に相談室と無料の電話相談を開設する日本産業カウンセラー協会の集計によると、2016年度の相談件数は2年連続で1万件を超え、最大の悩みは「職場の問題」であることが明らかとなった。
「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。
メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

 過去1年間にメンタルヘルス不調で連続1カ月以上休業した労働者の割合を産業別に見ると「情報通信業」が1.3%と最も高くなっていることが、厚生労働省が実施した調査で分かった。メンタルヘルス不調で退職した労働者は、「情報通信業」、「宿泊業・飲食サービス業」、「医療・福祉」が0.4%と最も高かった。
企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

 企業のストレスチェックの対応がほとんど進んでいないことが、企業向けEAP(従業員支援プログラム)サービスを共同で提供する保健同人社(東京・千代田、古川弘和社長)とヒューマネージ(東京・千代田、齋藤 亮三社長)がメンタルヘルス担当者を対象に実施したアンケート調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)
セミナー・イベント一覧

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース