パワハラ相談件数 4割超の企業で増加

経団連が公表した「職場のハラスメント防止に関するアンケート結果」によると、5年前と比べパワハラの相談件数が増えた企業が4割を超えていることが明らかとなった。

5年前と比較したパワーハラスメントに関する相談件数は、「増えた」が44.0%と最も多かった。次いで「変わらない」が30.8%、「減った」は16.3%だった。

【パワーハラスメントの相談件数】
増えた   44.0%
変わらない 30.8%
減った   16.3%
これまで相談なし 5.8%
不明    3.3%

セクシュアルハラスメントに関する相談件数は、「変わらない」が45.3%と最も多く、次いで「減った」が28.8%、「増えた」は11.5%だった。

【セクシュアルハラスメンの相談件数】
増えた   11.5%
変わらない 45.3%
減った   28.8%
これまで相談なし 10.5%
不明    4.0%

ハラスメント防止・対応の課題について、特にあてはまる上位3つを聞くと、「コミュニケーション不足」が63.8%、次いで「世代間ギャップ、価値観の違い」が55.8%、「ハラスメントへの理解不足(管理職)」が45.3%となった。

【ハラスメント防止・対応の課題 トップ5】
コミュニケーション不足      63.8%
世代間ギャップ、価値観の違い   55.8%
ハラスメントへの理解不足(管理職)45.3%
ハラスメントの該当性の判断    36.8%
事実関係の確認          23.8%

ハラスメントの理解促進のための取組みを聞くと、「ハラスメントに関する集合研修の実施」が73.5%と最も多く、次いで「eラーニング実施」が66.5%、「事案等の共有」が61.8%となった。

階層別にみると、ハラスメントに関する集合研修を実施している企業(294社)では、経営層対象に実施が49.7%、管理職対象に実施が97.6%、非管理職対象に実施が66.3%となった。

eラーニングの実施は、経営層が60.2%、管理職層が97.7%、非管理職90.6%だった。

コミュニケーション活性化のための取組みを聞くと、「コミュニケーション能力向上のための研修」が53.3%、「1on1ミーティングの実施」が51.0%と、半数の企業が実施していた。

【コミュニケーション活性化のための取組み トップ5】
コミュニケーション能力向上のための研修 53.3%
1on1ミーティングの実施 51.0%
社内イベントの実施(オンライン含む) 40.0%
感情をコントロールする能力向上のための研修 32.0%
褒めあう文化の醸成(サンクスカードの交換、社内報での表彰等) 32.0%

調査は、2021年9月7日~10月15日、経団連会員企業を対象に実施し、400社の回答を得た。(製造業45.0%、非製造業55.0%)(労働組合有り72.0%、労働組合無し28.0%)

大手・上場企業の人事部長向け広告掲載のご相談はこちら

関連記事

ピックアップ

  1. 【新人育成サービス「GLOBIS学び放題 フレッシャーズ」】新入社員研修のギャップを埋め、自分で考え動ける人材を早期に育成

  2. 【オンライン研修プラットフォーム「playse.ラーニング」】全社DXを推進したい企業の“底上げ教育”を低コストで実現

  3. 【コンコードエグゼクティブグループ】優秀な人材を採用できない企業からは、エース社員も流出する~企業の持続的成長を実現する採用革新

人材・人事コンサル会社ガイド100選

  1. セレクションアンドバリエーション「本気の変革を実現し、企業の業績向上に貢献する人事コンサルタントの集団です」

  2. HRインスティテュート「“主体性を挽き出す”実践型プログラムで、新しい価値を創造できる組織・人材の育成を支援します」

  3. マイナビ「業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した紹介で確実な採用を実現します」

  4. フジキャリアデザイン「デジタルコミュニケーション分野のクリエイティブ人材とのスピーディーなマッチングを実現します」

  5. リクルートエージェント「業界最大級の登録者数。豊富な転職支援実績を活かし、企業の人材戦略を支援します」

  6. Spring Professional「職種・業界別専門部門制と360度式コンサルに加え、ビジョンマッチングで“ベストマッチ”を追求します」

  7. 1on1navi「OKRと1on1に基づくマネジメントを支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」

  8. パーソルキャリア エグゼクティブ エージェント「独自ネットワークと日本有数の人材データベースから最適なエグゼクティブ・スペシャリストを紹介します」

  9. アズール&カンパニー「消費財業界に特化し、変化する人材ニーズに的確に応えます」

  10. ヒロコマナーグループ「AIにもできるマナー研修はしない。時代の変化にも柔軟に対応できる人財を育成します」

TOP