人材採用

2023年上半期の転職市場は、コロナ禍での企業の事業成長や、DX、SDGsなどを背景に“追い風”続く

人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、瀬野尾 裕社長)がまとめた「転職市場予測2023上半期」によると、2023年上半期の転職市場は、新型コロナから回復した企業の業績好調を背景に、求人が増えて“追い風”が続くと見込まれている。

2023年上半期の転職市場全体における求人は、全14分野で「増加」と予測しており、市場全体で活発化する見込みとなっている。

パーソルキャリアでは「求人増加の背景には、企業の事業成長がある」と指摘する。

「2020年を底に企業の業績が回復し、現在では業績好調の企業も増えている。結果、コロナ禍で採用活動を中断していた企業が採用を再開し始め、求人数はコロナ前の水準まで増加し、転職市場全体で売り手市場になっている。そのため、2023年上半期は、若手・ベテランともに転職のチャンスがある」とする。

若手人材の採用ニーズが高まっている要因については、「少子高齢化などを背景に、将来を担う人材を育成しようという側面に加え、自社の若手にとって転職が身近なものになっていることへの対応も含め、外部からの採用を強化しようとする動きがある。また、新卒採用の市場競争が激化していることから、第二新卒で若手人材を採用しようとする企業が増加傾向にある」とした。

【職種別予測】
IT・通信(ITエンジニア)…DXニーズの拡大、新サービス開発などを背景に、ITインフラ系エンジニア、ITセキュリティ系エンジニアの採用ニーズは今後も高まり続ける見込み

電気・機械(製造エンジニア)…塊ジュニア層の引退を見据えた技術継承のために、電気・機械領域のエンジニアへの採用ニーズは高い。また、新しいソフトウェア領域のエンジニアはまだまだ不足している。

建築・土木…2024年3月の働き方改革の猶予終了(2024年4月から時間外労働の上限規制適用開始)により、人員充足に向けた動きが強まる。

金融…ITシステム、事務企画・DX推進、スペシャルファイナンス、セキュリティ、市場運用、M&A、監査、コンプライアンスといった専門領域では、豊富な経験を持った人材の採用が積極的。

メディカル…行政、メーカーともに品質管理の強化に努めていることから、品質保証の採用が積極的に行われる予定。

営業…職種別ではITセールス職を中心に、営業職の採用は活発化する見込み。

人事…業績回復に伴い採用を再開しているため、「採用」ポジションでは経験者・未経験者ともに採用が進む。

経理…経営戦略を実現させる重要なポジションである経理職の採用ニーズは高い。

法務…新規ビジネスの展開を背景に多くの企業が法務部門を強化する動きがあり、なかでもIT・Web・広告業界での求人が増えると予想。

企画・マーケティング…特に、Webマーケティングのスキルに対する需要は高い。

販売・サービス…雇用の流動化に対抗し、人材定着を図るため、個人のキャリアを尊重した取り組みを行う企業が増えている。

事務・アシスタント…組織変更のタイミングである4月に向けて求人が増加。

クリエイティブ(Web系)…DXを背景に、エンタメ業界ではエンジニア、クリエイターの求人が増加する見込み。

化学・素材…電気自動車に関連するポジションの採用、「廃プラスチック削減」に対応するための人材の採用ニーズが高まる見込み。

インソース

ピックアップ

注目記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY

関連記事

PAGE TOP