人材採用動向レポート

【アルバイト採用】リアルな口コミによる「リファラル採用」で、若年層の職探しの変化に対応

日本人材ニュース

MyRefer
鈴木 貴史 代表取締役社長CEO

アルバイト採用市場は、働きたい人は減っている一方、募集する求人は増え、有効求人倍率が上昇し続けています。そのため、今までのように求人広告を出すだけでは、採用が難しくなっている状況です。

また、応募があっても面接実施に至らないことや、採用決定してもミスマッチによって簡単に離職されてしまうことも課題です。人手不足の職場において、いかに現場にマッチした人材を獲得するかが重要になっているでしょう。

そんな中、求職者側のアルバイトの職探しは変化が起こっています。昔は紙の求人誌でアルバイト先を探して応募していましたが、より手軽に、多くの情報を求めてウェブ上で求人情報を検索するようになりました。

さらに現在はより生々しい情報を求め、リアルな友人・知人からの紹介へ変わりつつあります。

特にデジタルネイティブ世代は媒体の情報だけでなくリアルな情報を求める傾向にあり、若者層の35%が家族、友人、知人の情報からアルバイト先を決めているというデータがあります。

ネットに溢れる多くの情報に触れてきたからこそ、身近な人の口コミの方が安心できることが背景にあるでしょう。

企業が採用を成功させるために、リアルな口コミによる採用手法である「リファラル採用」が重要になっています。

友人からの紹介で応募した方はほぼ必ず面接にも来ますし、現場のリアルな声を聞いているからマッチング率も高くて離職率が減ります。

また、アルバイトの方が自ら友人に声をかけることで、仕事や職場作りへのモチベーションが上がります。

あるお店では、リファラル採用を促進させたことで売上まで上がり、有名な賞を取るほどの人気店へとつながったそうです。

このように、若年層を中心にアルバイト採用・職探しは大きく変化している中、自社のスタッフの生の口コミを活用することで人手不足の解消と現場のエンゲージメント向上につながるでしょう。

本社や店長が連携してアルバイトの方々と一緒におすすめしたい職場を作っていくことが重要です。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP