遊んでいても結果を出す人 真面目にやっても結果の出ない人

Indigo Blue

Indigo Blue
柴田 励司
代表取締役社長

 新著「遊んでいても結果を出す人、真面目にやっていても結果の出ない人」は“後者”の人たちのために書き下ろしたといってもいい。一生懸命やっているのになかなか評価されない。それどころか“ウザい”とさえ思われている人がいる。なんとも気の毒だ。その方々へのヒント集を書きたかった。これが執筆の背景だ。

 この手の方々に直接的なアドバイスは効きにくい。“ありがとうございます”、と言うもののスルーすることが多い。一方で、この手の方々は「文字」に弱い。そんな人に、自ら気づいてもらうために、“ちょっとこれ読んでみては? ”と上司が気軽に渡せる本にしたいと思った。

 そういうことから今回はいきなり“文庫”(530円)なのである。ご自分の部下で“真面目にやっているのだが・・・”という方がいたら、ぜひ、この本をプレゼントしてあげてほしい。

 “遊んでいても…”というとチャラチャラしている印象があるが、意図したのは違う。仕事を楽しんでいるというのが適切な表現だ(ただし、これだと新刊タイトル的には弱いので“遊んでいても”なっている)。

 仕事は楽しんでナンボだと思う。楽しむためには、そこに自分の意思が必要だ。誰かにやらされているのではなく、自分でやり方をデザインして仕事に取り組む。100%フリーハンドでやれる仕事などない。

 顧客、取引先、社内など様々な利害関係者の意向をくみながらも、その仕事を“自分事”として考えて進める姿勢。これさえあれば楽しくなるはず。制約条件下でも自分のクリエイティブな部分を活かしていく。こうしたヒントについてもいくつか実例を挙げて解説してみた。ぜひ、ご覧いただきたい。

Indigo Blue

柴田励司 著
成美堂出版、505円+税

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  2. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  3. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  1. タイズ「関西のメーカーへ技術者・専門職を紹介し、多くの顧客で書類選考通過率が1位です」

  2. アイムファクトリー「ITエンジニアの紹介に特化し、慢性的な人材不足の解消を支援します」

  3. ネクストスリー「医療業界出身コンサルタントの高い目利き力で高精度な人材マッチングを実現しています」

  4. クライス&カンパニー「“専門分野×IT”を領域とするコンサルタントが業績を向上させる人材を探し出します」

  5. キャリア インキュベーション「エグゼクティブサーチに本格参入し、サーチファンドの合弁会社を設立しました」

  6. A・ヒューマン「ミドル〜エグゼクティブ・マネジメント層までカバーする業界専門チームを擁する人材紹介会社です」

  7. BRS(バイリンガル・リクルートメント・ソリューションズ)「人材の多様化、グローバル化に課題を抱えるクライアントのニーズに合った候補者を紹介します」

  8. ボンド・アソシエイツ「経営幹部に特化したエグゼクティブサーチで入社後に活躍できる人材を紹介します」

  9. Spring Professional「専門チーム編成、360度式コンサルティング、ビジョン軸のマッチングで“ベストマッチ”を追求します」

  10. プライマリー・アシスト「健康経営の導入・実践と、産業医・保健師配置、健康経営優良法人取得を支援する専門社です」

TOP