データ主導の人材開発・組織開発マニュアル

半蔵門オフィス
南雲 道朋
代表

 人事部門もデータを積極活用すべきと、最近とみに言われます。本書は、人材・組織のデータ活用は「社員意識調査」と「多面評価」の徹底活用が柱になるという考えのもと、その方法論を詳細に述べています。

 人材・組織のデータを効果的に扱うための作法が3つあります。

 第1に、社員の主観的な状況の把握を重視することです。社員が「良い組織」と感じているならば、その組織は「良い組織」であるとも言えるためです。そのため、本書では「社員意識調査」と「多面評価」に焦点を当てています。

 第2に、どの問題・課題に取り組むべきか、優先順位の判断を重視することです。人材や組織というものは、「イノベーティブである一方規律を維持せよ」等、相反する要請の中にあり、常に何らかの問題・課題を抱えているからです。本書ではそのために、対象を2つのグループに分けて、うまくいっているグループとそうでないグループとでは何が違うのか比較して問題・課題やその要因を探っていく、シンプルな統計手法を提案しています。

 第3に、組織の全体観を得るための一貫したフレームワークを持つことです。人材や組織の問題は多くのことが影響しあう複雑系であるため、すべての要因を考慮に入れられるようなフレームワークを持ち、常に一貫した視点で組織の状態を把握することで、組織メンバー間での認識の共有も進み、ミッション・パーパスやバリューの共有にもつながっていきます。本書では、そのようなフレームワークの紹介にも力を入れています。

 以上の3つの作法を踏まえてデータを活用することで、人事部門はこれまで以上に組織に対する影響力を発揮することができるようになるはずです。本書では、具体的に理解いただけるよう、各章ごとに事例を交えたセミナー動画を用意しています。また、知識やスキルを深められるよう、参考文献の紹介も充実させています。

 本書の活用を通じて、データ主導社会を、恐れることなく、回避することなく、自らが主人公となって乗り切っていただきたいと思います。

南雲道朋 著
産労総合研究所 出版部 経営書院、税込1,980円

大手・上場企業の人事部長向け広告掲載のご相談はこちら

関連記事

ピックアップ

  1. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【新人育成サービス「GLOBIS学び放題 フレッシャーズ」】新入社員研修のギャップを埋め、自分で考え動ける人材を早期に育成

人材・人事コンサル会社ガイド100選

  1. エンワールド・ジャパン「“入社後活躍”をミッションに、グローバル人材の採用支援をしています」

  2. リクルート「学生時代に10年近くも勉強したはずの社員に、また英語を学ばせる難しさを解決します」

  3. みらいワークス「プロ人材による経営課題解決、人生100年時代のキャリアデザイン構築ソリューションを提供しています」

  4. ブラックピジョン「エグゼクティブサーチの手法で、経営層からスタッフレベルまでダイレクトヘッドハントします」

  5. インソース「全階層向け研修、eラーニングや教育管理システムの導入まで、人材戦略を総合的に支援します」

  6. フルキャストホールディングス「全国183拠点以上の登録センターとWebで求職者を確保し、短期人材のニーズに応えます」

  7. アイムファクトリー「ITエンジニアの紹介に特化し、慢性的な人材不足の解消を支援します」

  8. サイコム・ブレインズ「コンサルタントの知見とテクノロジーを融合し、社員の自律的な学び、組織の成長と業績向上を支援します」

  9. アサイン「求人企業の成長要因を徹底的に分析し、価値観が合致する若手ハイクラス人材を紹介します」

  10. 1on1navi「OKRと1on1に基づくマネジメントを支援し、個人と組織のパフォーマンス向上を実現します」

TOP