常用雇用型派遣が前年比4.0ポイント増、正社員化の誘い受けた派遣社員3割弱

常用雇用型派遣(無期雇用契約)は前年比4.0ポイント増となる32.5%となったことが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の実施した「2021年 派遣社員の意識・就労実態調査」で明らかとなった。

 2021年の派遣契約形態別の派遣社員の割合は、常用雇用型派遣(無期雇用契約)は32.5%(前年比4.0ポイント増)、紹介予定派遣契約は11.4%(前年比8.9ポイント増)となった。

 職種別でみると「機械・電気・IT技術・通信系」の常用雇用型派遣(無期雇用契約)が44.4%と最も多く、紹介予定派遣契約では、「販売」が20.7%で最も多かった。

【「職種別」派遣契約形態】
(割合は常用雇用型派遣(無期雇用契約)、紹介予定派遣契約の順)
オフィスワーク・事務 23.0%、10.3%
販売 28.1%、20.7%
サービス 26.9%、12.9%
テレオペ・テレマーケティング 33.5%、7.4%
機械・電気・IT技術・通信系 44.4%、8.0%
クリエイティブ系 37.8%、10.8%
医療・介護・福祉 35.2%、11.7%
製造 34.5%、12.3%
配送・輸送・物流 32.4%、12.2%

 派遣社員としての勤務・働き方と、正社員との違いを比較したところ、「飲み会の誘いなど断りやすく、人間関係で悩まない」(正社員との差49.5ポイント)や「急な休みや、残業なしなど、勤務時間の融通が利く」(同35.3ポイント)、「未経験の業種・職種に就きやすい」(同34.6ポイント)などのメリットが浮かびあがった。

 マイナビによると「派遣社員は雇用が安定しないなど、これまでデメリットが目立ってきたが、働き方の融通が利くことや人間関係のストレスが正社員と比べて緩和するなどのメリットも多くなってきた」とした。

 また、「コロナ禍以降の中途採用における経験者募集の増加、パート・アルバイトの求人数の減少などで未経験の仕事に就きやすいことも、派遣社員という雇用形態の魅力ともいえる」とのことだ。

 派遣社員として働く中で、派遣先や派遣元から正社員化の誘いを受けたことがあるのは28.9%となった。職種別では「医療・介護・福祉」で46.9%が最も高く、次いで「サービス」34.4%、「販売」31.4%となった。

 一方、断った割合は全体で76.5%となった。職種別でみると、「サービス」87.5%が最も高く、次いで「販売」84.1%、「医療・介護・福祉」81.7%となった。

 調査は、2021年7月1日~5日、現在派遣社員として対象職種のいずれかで働く、20~59歳の男女を対象にインターネットで実施し、1376人の有効回答を得た。(男性489人、女性887人)

対象職種は、オフィスワーク・事務/販売/サービス/テレオペ・テレマーケティング/機械・電気・IT技術・通信系/クリエイティブ系/医療・介護・福祉関連業務/製造/配送・輸送・物流

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  2. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

ランキング

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  2. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  3. 【製造分野の中途採用】早期退職募集が予測される企業に勤めている求職者は積極的に動いている

  4. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  5. 【ポストコロナの人事改革】経済再起動で人材投資が始まった

  6. 【兆】DX推進人材の採用を実現し、事業成長に挑む企業を支援する

  7. 【インソース】ビジネス法務オンライン研修を開始 他

  8. 多様な働き方と労災補償 “労働者性”の判断基準

  9. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.320

  10. ブレンディッド・ラーニング

TOP