【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

近年、働く人たちの幸福度を高めることが労働生産性の向上につながるという組織運営の考え方が出てきている。2019年の創業時から、“社員幸福度No.1”を企業理念に掲げ、業界トッププレイヤーが続々と集い、高成長を実現している人材紹介会社フォルトナの三石真司代表に、差別化や組織運営など躍進の秘密を聞いた。

企業理念に“社員幸福度No.1”を掲げていますが、そう考えるように なったきっかけを教えてください。

 キャリア相談をきっかけとしてご縁を頂いた相談者の真の願いを紐解くと、ほぼ例外なく「幸せな人生を歩みたい」という想いにいきつきます。転職やキャリアは、あくまで手段の1つに過ぎません。人生100年時代と言われ始めて久しく、相談者との壁打ちを通じて、幸せとは何か?ありたい姿とは何か?自身の生きた証としてキャリアのラストスパートに何を残すか?老後の生き方や遣り甲斐は?と私自身も深く追求するようになっていきました。

 一方で、人材紹介業界を見渡してみると、医者の不養生と言いますか、自身のキャリアや将来に悲観しているキャリアコンサルタントがあまりにも多い現状がありました。キャリアコンサルタント自らが幸福を追求/体現し、実体験に基づく地に足のついたアドバイスと共に、相談者の幸福追求への伴走をベースとした最高品質のサービスを提供したい。それがフォルトナの目指す姿であり、原点となります。

フォルトナ
三石 真司 代表取締役

佐賀北高等学校、国立九州工業大学情報工学部卒業。東証一部上場のIT企業を経て、コンサルティング業界に特化した転職エージェントにて最優秀社員賞と10年超の実績を積み、フォルトナ社を創業。

どのような企業に対して人材を紹介しているのですか。

 顧客企業としては2軸あります。

 1つ目は、コンサル転職・ポストコンサル転職の支援&紹介に特化し、外資系戦略ファームを筆頭とした各種ファームに加え、コンサルタントの多彩なネクストキャリアを支援するため、PEファンド、ベンチャーキャピタル、スタートアップ、大手企業などの中で、特にコンサル経験者を積極採用する企業です。

 2つ目は、「フォルトナベンチャーズ」というブランドで、スタートアップ、ベンチャーキャピタルに特化し、スタートアップ×次世代リーダーの支援&紹介をしています。

 メンバーとしては、ヘッドハンター最優秀賞2年連続受賞者、戦略/総合ファーム出身者に加えて、多様な業界/業種に専門性を有する一騎当千のメンバーが集っています。

コンサルファーム出身者も多数参画
一騎当千のプロフェッショナルが優秀な人材を紹介

大野 浩史
エグゼクティブディレクター

開成高校、東京大学法学部卒業。大手生保、台湾の物流企業を経てボストンコンサルティンググループにてM&A戦略、国際マーケティング戦略、企業再生など幅広いプロジェクトに従事。その後コンコードエグゼクティブグループにて特に戦略ファームを志望する相談者への支援で圧倒的実績を挙げた後、フォルトナに参画。

上野 耕太郎
シニアエグゼクティブコンサルタント

慶應義塾高校、慶應義塾大学総合政策学部卒業。日本NCRを経て、トーマツコンサルティング(現・デロイトトーマツコンサルティング)にて主に不動産業・流通業等のクライアント企業を対象にマネージャーとして活躍。 日本英語検定協会に転じ部長代理職として高い成果を残した後、フォルトナに参画。

佐津川 将太
シニアエグゼクティブコンサルタント

静岡学園高等学校、明治大学商学部卒業。新卒にてパナソニックに入社。途中、ブラジルに2年半駐在。その後、ベイカレント・コンサルティングに転職し戦略~業務~ ITと幅広い領域、業界のプロジェクトに従事。マネージャーに昇格し活躍後、フォルトナへ参画。

企業理念以外で、他の人材紹介会社との違いを教えてください。

 シンプルに言えば量より質です。推薦数などのKPIに追われているエージェントは、無理、無駄な推薦が増えます。毎月の決定人数のノルマに追われるエージェントは、クロージングが強引になりがちです。前者は生産性の観点で、後者は入社後のミスマッチの観点で、クライアント企業、相談者双方に明らかなマイナスを引き起こします。

 フォルトナにおいては、ハイクラス/エグゼクティブな相談者に選ばれる優秀なコンサルタントが、KPIやノルマに追われず、時間的、精神的なゆとりを持って相談者および、クライアント企業に向き合っています。必然的に、1社への支援、1人への支援に費やせる時間の絶対量が大きくなり、あらゆる面での精度が高まります。

 また、いかに優秀なコンサルタントでも、相談者やクライアントのバックグラウンドや属性によって、適任者は異なります。フォルトナにおいては、異なる強み/個性/才能を持った多彩なメンバーが集まりながら、個人主義に走らず、自身の強みを活かし、弱みは他メンバーの強みを借りて補完することで、提供価値を最大化しています。“オールフォルトナ”と呼ぶワンチームで成果を創出するカルチャー、メンバー同士が背中を預け合える心理的安全性のある環境が、メンバーの強さにさらなる拍車を掛けることを可能にしています。

相談者への付加価値とは、どのようなことですか。

 やはり量より質、ということになりますが、あるメンバーは、月の新規面談数はわずか5人でした。一般的な業界水準としては、月に15 ~50件新規面談を追う他社エージェントと比較して3 ~ 10倍もの時間を一人の相談者に注ぐことができるため、内定率を高めるべく、複数回の面接対策に加えて、人生でのありたい姿を思い描き、方向性の整理までを支援できるからです。

 当社のメンバーはプロフェッショナルとして社外から高い評価を受け、紹介や口コミなど、個人指名で仕事を頂くケースが多いです。例えば、転職支援をした相談者から、友人や同僚、時には家族などを紹介してもらい、紹介だけで成果を挙げているメンバーもいます。相談者が転職をした後、人事に「良いエージェントがいる」とお薦め頂き、その企業の採用支援が始まった事例は数え切れません。中には転職された方が経営者/役員となりカウンターパートとしてタッグを組み、その方の部下となるメンバーの採用支援を行っているケースもあります。

組織運営にあたって大切にしていることは何でしょうか。

 “社員幸福度No.1”のビジョンの実現に向けての仕組みづくりに力を入れており、キーワードでいえば、生産性と心理的安全性の追求、そして信頼です。生産性が高まることで、メンバーの時間的、精神的なゆとりが生まれ、幸福度が高まります。相談者/クライアント企業への支援にも多くの時間を投下でき、さらには自己研鑽、家族や趣味、夢の準備などにも、多くの時間を投下することができます。

 個人情報保護は徹底しつつ、勤務時間を自分でコントロールできるスーパーフレックスや、リモートワークの制度により、各自がもっとも生産性が高い時間、場所で働くことが可能です。定例会議も存在せず、無駄な会議やKPI、ノルマに追われることもありません。専属秘書制度を利用して、付加価値の高い業務に集中することで、さらに生産性を高めるメンバーもいます。その他、様々な生産性向上ツールやTIPSを全社でシェアしあっています。

 また、生産性の向上に向けて、個としての成長と、チームとしてのシナジーが欠かせません。そのため各メンバーが成功事例の惜しみないシェアのみならず、自身の弱みや失敗すらも躊躇なくさらけ出せる心理的安全性の高い環境整備、カルチャー醸成に力を入れています。

 さらにメンバー同士のコラボレーションを積極的に促す制度とカルチャーにより、プロフェッショナル同士が、互いの強みや専門性を周囲に提供し、学びと成長を加速させています。一騎当千のプロフェッショナルでありながら、互いにGiveの精神を持ち、組織として最高のサービスを提供する“オールフォルトナ ”の企業文化は声を大にして自慢したい特色です。

 そしてもっとも重要なことが、メンバーを信頼することです。短期的な成果や、失敗や、弱みに囚われず、メンバーの無限の可能性を信じ、個性を尊敬し、魅力に目を向けることです。ビジョンに耳を傾けることです。信頼するからこそ、ノルマもKPIも無駄な定例会議も出社義務すら無くすことができるのです。

スタートアップの支援、投資事業を手掛けるフォルトナベンチャーズ

左から、小笠原航氏、若狭健二氏、田畑誠一氏

今後の事業方針や目指していく姿を教えてください。

 目指す姿は社員幸福No.1の企業になることです。通過点として、コンサル・ポストコンサル領域の人材紹介でNo.1、「フォルトナベンチャーズ」はスタートアップ領域の人材紹介でNo.1となる目標を掲げていますが、No.1は手段に過ぎません。メンバーが自分達の仕事に誇りを持つため、組織として生産性を最大化しクオリティオブライフを高めるため、そして多彩な才能を結集させることで、各メンバーの夢の実現率を最大化するためです。

 事業は社員のWILLに押し上げられるように進化を続けており、例えば、「フォルトナベンチャーズ」も、集った社員の才能とWILLにより産み落とされたものです。「スタートアップや起業家に、リスクマネーを供給しながら、より経営に踏み込んだ支援をしていきたい」というメンバーのビジョンから、エンジェル投資事業が立ち上がりました。

 フォルトナでは全メンバーのビジョンが言語化されており、様々な事業や、社会課題(教育、医療、地方創生、環境)に関心を寄せ、夢を描いています。社員が本当にやりたいことを自らの資本でリスクテイクしながら挑んでいけるようにサポートし、その延長線上にはフォルトナから数多くの事業家/起業家/投資家が生まれることを確信しています。

 新しい時代に向けてチャレンジする相談者、クライアント企業と共に我々自身も挑戦し続けWin-Win-Winになる関係を構築し貢献すること。そして社員幸福ドリブンで経営する企業を世の中に増やすことで、日本経済の活力やイノベーションにも寄与すべく、そのパイオニアとして貢献していきます。

フォルトナ株式会社

人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
経営・人事を支援できる優れたコンサルティング会社&サービスを周知する取り組み

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  2. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  3. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

ランキング

  1. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.321

  2. 【製造分野の中途採用】早期退職募集が予測される企業に勤めている求職者は積極的に動いている

  3. 多様な働き方と労災補償 “労働者性”の判断基準

  4. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  5. 【著者が語る】ブレンディッド・ラーニング

  6. 【ポストコロナの人事改革】経済再起動で人材投資が始まった

  7. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  8. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  9. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  10. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

TOP