2018年1月10日

ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANAビジネスソリューションは、人材派遣・紹介、教育・研修事業などを行っており、ANAグループのOB・OGなどの豊富な実務経験を持つ「人財」をスピーディーに提供できることが強みだ。付加価値の高いサービスによって多くの企業の生産性向上を支援し、信頼を得ている同社の矢澤潤子社長にサービスの特長や最近の状況などを聞いた。

 (13764)

矢澤 潤子 ANAビジネスソリューション株式会社 代表取締役社長

【プロフィル】
1987年、全日本空輸入社。客室乗務員として国内線/国際線のチーフパーサー、VIPのフライトなどを経験した後、2001年に管理職に昇格し、客室乗務員のマネジメントに携わる。2012年よりANAグループの客室乗務員の訓練を担う訓練センター客室訓練部長を経て、2016年4月より現職。

まず、貴社の事業内容と特長を教えてください。

【矢澤】ANAグループの中でも珍しい多角経営の会社です。これまでにANAが培ってきたノウハウや経験を活かして人材派遣・紹介、教育・研修事業を展開しています。
 弊社は今年の12月で設立30周年を迎えますが、2001年にインハウスとして人材派遣事業を開始し、これまでANAグループの各社に優れた人財を供給し貢献をしてきました。今ではANAグループ以外の企業にも人財を輩出しています。

数多くの人材会社がある中で、顧客から選ばれるためにどのような点に力を入れていますか。

【矢澤】派遣スタッフ一人ひとりのスキルアップのために教育・研修などの環境を整え、優れた人財を提供することによって付加価値を高めています。弊社の競争力の源泉は「人財力」にあると考えます。
 例えば、教育・研修事業を行っている強みを活かして「相手への気づかいや、思いやりを行動として伝える」というANAグループの考え方が派遣スタッフに浸透するように、客室乗務員経験者によるビジネスマナー研修などでレベルアップを図っており、こうした取り組みがお客様からの高い評価につながっていると思います。

ANAグループ以外の就業先も増えていると伺いました。どのようなニーズが寄せられていますか。

【矢澤】登録スタッフの約半数は接遇業務の経験があり、専門的なスキルを保有しています。また、秘書、営業サポート、総務・人事・経理などの事務業務経験者も数多く登録しています。
 航空や旅行業界だけではなく、医療、金融、不動産、官公庁など幅広い業界での実績が伸びており、ANAグループ以外の就業先が3割を超えています。
 私たちANAグループの精神である「おもてなし」のホスピタリティーは、業界を問わず求められており、生産性やサービス品質の向上を目指す企業から弊社の派遣スタッフを活用したいというニーズが非常に高まっています。
 例えば、新卒採用の会社説明会における学生対応のマンパワー不足という課題に対して、弊社から多くの人財を派遣することで円滑な運営を実現するとともに「企業の顔」として恥ずかしくない質の高い接遇が大変喜ばれています。
様々な実務経験を持つ人材が登録している

様々な実務経験を持つ人材が登録している

27 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

労働者派遣事業の2016年度売上高は6兆5798億円、3年連続で増加

労働者派遣事業の2016年度売上高は6兆5798億円、3年連続で増加

 労働者派遣事業の2016年度の売上高は6兆5798億円で、3年連続で増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万754事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。
職業紹介事業の手数料収入3876億円、4年連続で過去最高を更新

職業紹介事業の手数料収入3876億円、4年連続で過去最高を更新

 2016年度の職業紹介事業の手数料収入は約3876億円となり、4年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省が発表した「職業紹介事業報告書」集計結果で分かった。
強みのサーチ力を活かし業界初の100年企業を目指す ケンブリッジ・リサーチ研究所 荒木田誠社長

強みのサーチ力を活かし業界初の100年企業を目指す ケンブリッジ・リサーチ研究所 荒木田誠社長

日本で最も歴史のある人材紹介会社のケンブリッジ・リサーチ研究所は、コンサルティング業界に強い人材紹介会社であるアクシスコンサルティングのグループ会社となり、荒木田誠氏が社長に就任した。「Cambridge100-業界初の100年企業になる」を標榜する同社の新たな経営戦略について聞いた。
ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

 アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山・岡山、石川康晴社長)と、総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ(東京・渋谷、和田孝雄社長)は、ストライプインターナショナルが運営するファッションレンタルアプリ「mechakari(メチャカリ)」のサービス利用における業務提携を開始した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース