2018年5月14日

データサイエンティストの不足を “AI開発コンペティション”で解決 SIGNATE 夏井丈俊副社長COO

広告代理店大手オプトホールディングは4月1日、AI開発コンペティションサイトを運営する新会社SIGNATE(シグネイト)を設立した。AI・ビッグデータの活用、データサイエンティストやAIエンジニアの採用・育成を支援する同社の夏井丈俊副社長に、ビジネスモデルや今後の事業展開などについて聞いた。

 (21468)

夏井 丈俊 取締役副社長COO

1987年ディスコ入社、98年ディスコInternationa(lUS)CEO、2000年ディスコInternational(UK)CEO、06年常務取締役を経て、10年代表取締役社長(16年退任)。17年5月オプトワークス(現SIGNATE)代表取締役社長。18年4月から現職。

新会社SIGNATEの母体となった、データサイエンスラボとオプトワー クスについて教えてください。

 データサイエンスラボは、ネット広告代理店大手のオプトが2013年12月に設立したAIの研究開発組織です。

 海外では世界中のデータサイエンティストの能力を活用してAI開発を行うコンペティションが定着しつつあり、米国のKaggle社やインドのHackerEarth社といった企業がAI開発コンペティションのプラットフォームを運営しています。この日本版をつくったら面白いのではないかということで、データサイエンスラボが、Deep-Analytics(現SIGNATE)を開発しました。

 Deep-Analyticsは、登録会員のデータサイエンティストに対して、AI開発ニーズを持つ企業や官公庁などがコンペティションを開催し、参加者からアルゴリズムを募る場となっています。応募されたアルゴリズムは、その精度がランキングされ、応募期間中に参加者は何度でもチャレンジすることができるため、自ずと精度が高まっていきます。

 募集側は最上位のアルゴリズム開発者に賞金を与えて、その所有権を譲渡してもらうことで、効率的に精度の高いアルゴリズムを獲得することができるのです。
 AI活用が世界中で急速に広まる一方、そのメインプレイヤーであるデータサイエンティストは圧倒的に不足しています。そこで、Deep-Analyticsを活用した人材ビジネスを展開していこうと、2017年5月に設立したのがオプトワークスです。

新会社SIGNATEを設立したねらいとは。

 オプトワークスがスタートしてからデータサイエンスラボと緊密に連携しながらビジネスを推進していく中で、事業展開のスピードアップの必要性を感じ、2018年4月1日、オプトワークスとデータサイエンスラボを統合した新会社SIGNATEを設立。Deep-Analyticsの名称もSIGNATEに変更しました。

 新会社の社長にはDeep-Analyticsの開発を主導したオプトホールディングCAO(最高解析責任者)でデータサイエンスラボ所長の齊藤秀が就任し、私は副社長を務めています。

SIGNATEの状況について教えてください。

 4月現在で登録しているデータサイエンティストは約8000人となっています。その約70%が社会人で、ほとんどが大企業やIT関連企業、研究機関などで活躍している人材です。残り30%は東大や東工大など上位校を中心とする学生(修士、博士課程在籍者多数)です。海外の登録者は10%弱ですが、今後もっと増やしていきたいと思っています。

 これまでにAI開発案件のコンペティションを開催しているのは、JR西日本、Sansan、ポッカサッポロなどの企業や、文部科学省や経済産業省などの官公庁です。あらゆる産業でAIを活用する流れが拡大しており、引き合いも非常に増えています。

企業で活躍中の人材や上位校の学生など、約8000人のAI人材が登録している

●SIGNATEの仕組み

 (21454)

「SIGNATE」はAI 開発ニーズを持つ企業・組織がコンペティションを開催し、参加者からアルゴリズムを募る場

SIGNATEを活用してどういったサービスを手がけていくのでしょうか。

 コンペティション形式による「AI開発」やSIGNATEのトップランカーに依頼する「データ分析」サービスのほか、データサイエンティストの「採用・育成」支援を行います。

 SIGNATEでのAI開発においては、AI活用のコンセプトを整理し、開発手順やベースとなるデータを整備して登録会員に示すことが必要になります。コンペティションで確実に結果がでるような設計が欠かせませんが、これをクライアントだけで行うのは難しいため、当社のデータサイエンティストが課題設定からコンペティション設計、成果物の検証・確認までのコンサルテーションやサポートを行います。でき上がったアルゴリズムを当社が預かり、さらに精度を高めていくことも可能です。

 データ分析においては、コンペティション成績の優秀な会員だけを対象にデータ分析を発注し、複数の分析レポートを手に入れることができます。その際の受託者との個人情報のやり取りや秘密保持契約締結などは、すべて当社が代行します。
29 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

AI開発、データサイエンティストの教育研修・人材紹介サービスを拡大 オプトホールディング

AI開発、データサイエンティストの教育研修・人材紹介サービスを拡大 オプトホールディング

オプトホールディング(東京・千代田、鉢嶺登社長)は、AI研究開発部門「データサイエンスラボ」をグループ会社で人材事業を行うオプトワークス(東京・千代田、夏井丈俊社長)に統合し、AI開発を軸としたサービスを拡大する。オプトワークスは4月1日から、社名をSIGNATE(シグネイト)に変更する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース