2018年7月13日

長期視点の徹底 ― キャリア支援にベストを尽くせる組織の秘密 コンコードエグゼクティブグループ渡辺秀和社長CEO

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々と相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。キャリア支援を行うコンサルタントが定着し、高い成果を上げている理由はどこにあるのか。渡辺秀和社長にコンサルタントの採用や育成の方針などを聞いた。

 (21986)

渡辺 秀和 代表取締役社長 CEO

一橋大学卒。三和総合研究所 戦略コンサルティング部門を経て、2008年にコンコードエグゼクティブグループを設立し、代表取締役社長CEOに就任。「日本ヘッドハンター大賞」コンサルティング部門で初代MVP受賞。東京大学×コンコード「未来をつくるキャリアの授業」コースディレクター。著書『ビジネスエリートへのキャリア戦略』(ダイヤモンド社)他。

エグゼクティブ、リーダー人材の求人状況を教えてください

 コンサルファーム、PEファンド、グローバル企業、ベンチャー企業の採用意欲は相変わらず高い水準です。コンサルファームは、パートナークラスから第二新卒まで積極的に採用しています。最近ではチーム単位での紹介をするケースもよく見られます。あうんの呼吸で活躍できるメンバーを一括採用し、プロジェクトをすぐに稼働させられるので大きなインパクトがあります。

 また、事業会社がCxO人材の採用で、コンサルファーム出身者(ポストコンサル)を積極的に採用しています。優秀なビジネスリーダーを採用しなければ、今後の事業存続が危ないという意識が高まっています。既存クライアントからの求人が増加しているだけでなく、新規の問い合わせも急増しています。

多数の東大・京大出身者やポストコンサルが、キャリア相談に集まっていると聞きます。

 「相談者と“長期的で誠実なお付き合い”をして、粘り強く支援していく」ことを実直に続けてきました。その結果、優秀なビジネスリーダーに相談いただけているのだと思います。今では相談者の6割以上が東大や京大、早大、慶大などの名門大学の出身者です。マッキンゼーやBCGなどのポストコンサルやネットベンチャー幹部が集うキャリア支援のプラットフォームが構築されています。

 相談者に対する支援で重視しているのは「キャリア戦略」を軸としたカウンセリングです。目指すゴールであるキャリアビジョンを策定し、それを実現するためのステップを一緒に考えていきます。その提案内容は、一般的なスキルマッチングから導き出される提案とは大きく異なっており、相談者の表情が見違えるほど明るくなることも珍しくありません。

 また、私たちは、相談者が当社経由で内定を獲得した場合でも、その話を無理に勧めることはありません。むしろ、自主応募や他社経由の内定でも、より良い話であればそちらをお勧めしています。短期的な業績にとらわれずに、誠実な支援を行うからこそ、相談者から信頼を寄せていただくことができます。
 (21985)

エグゼクティブが安心してキャリアの相談をできる重厚なオフィス。利便性やデザイン性などにも配慮し、コンサルタントが働きやすい職場環境を整えている

「売上実績」ではなく「人物面・価値観」を重視した採用をしているそうですね。

 拡大し続ける相談者の要望に応えるため、エグゼクティブコンサルタント(以下、コンサルタント)を積極的に採用しています。

 当社には他の人材紹介会社でトップクラスの実績をあげてきた経験者、BCGやベインなどのコンサルファーム出身者も数多く入社しています。しかし、実態としては何よりも人物面や価値観を重視した採用を行っています。人材業界やコンサル業界の出身であることは問いません。
 確かに、高い売上実績を持つ経験者を採用すれば、短期的には利益が増大するでしょう。しかし、肝心のキャリア支援のクオリティーが下がってしまっては、目指す組織像とはかけ離れてしまいます。

 当社のコンサルタントに必要なのは、「人への思いやり」、「問題解決する知恵」、「自らを律する意思」、「成長を楽しめる心」といった資質です。こうした資質を持つ人であれば、当社での仕事に誇りとやりがいを持ち、楽しみながら成長することができると思います。このような観点から、人物本位の採用を行なっており、第二新卒や新卒も採用しています。

コンサルタントの定着率が高いですが、育成の特徴を教えてください。

 キャリアコンサルティングは、キャリア設計に関するスキルはもちろんのこと、人と向き合うため、内面の成長も求められる難易度の高い仕事です。そのため、コンサルタントのスムーズな立ち上がりや成長をサポートすることは、最も大切な経営課題の一つと認識しています。

 入社すると、人材紹介経験の有無を問わず、1カ月に及ぶ「CORE研修」を通じて、コンコード流のコンサルティングスキルを身に付けられるようにしっかりサポートします。具体的なスキル・ノウハウを膨大な量の研修資料に基づいて、一つ一つ丁寧に扱っています。

 さらに現場に出た後も、研修動画の視聴、少人数制の定例ミーティング、マンツーマンの対話型の面談など、社員全員が成長できるさまざまな体制を整えています。

「ノルマ」がなく、「スカウト」「営業活動」もほとんどしない。

 人材紹介の経験者、未経験者を問わず、結果を短期的に求めることは一切ありません。担当している相談者がすぐには転職しないこともあります。早期には売上があがらなくても、何の問題もありません。

 あくまでも相談者にとってベストな支援をすることが求められています。相談者との関係だけでなく、コンサルタントとの関係においても、長期的な観点を大切にしています。

 多くの紹介会社ではリクルートやビズリーチなどが提供している求職者データベースを利用していますが、当社では利用していません。相談者からの紹介、当社ホームページや書籍を読んだ方などを中心に、多くの相談者がいらっしゃいますのでスカウトメールを送る必要がないからです。
28 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

東大×コンコード「未来をつくるキャリアの授業」 夢や志を実現し、豊かな社会を創造するキャリア設計を伝える

東大×コンコード「未来をつくるキャリアの授業」 夢や志を実現し、豊かな社会を創造するキャリア設計を伝える

エグゼクティブや若手リーダーのキャリア支援を行うコンコードエグゼクティブグループが、そのノウハウを活用して、東京大学で全12回にわたる本格的なキャリア設計の授業を開講した。授業のコースディレクターとして、全体企画・登壇をした同社代表の渡辺秀和氏に、東大生に伝えた内容や感じたことなどを聞いた。
【著者が語る】未来をつくるキャリアの授業

【著者が語る】未来をつくるキャリアの授業

コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和 代表取締役社長CEO
ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々と相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。代表取締役社長CEOの渡辺秀和氏に、事業展開と組織運営の方針などについて話を聞いた。
【外資系企業の採用戦略】人材市場でのブランド力を高め、即戦力の女性・シニア層を狙う

【外資系企業の採用戦略】人材市場でのブランド力を高め、即戦力の女性・シニア層を狙う

実力主義のコンサルティング会社やネット系企業の積極的な採用、英語力を求める日本企業の増加などで、外資系企業の採用環境は厳しさを増しているという。採用事情に詳しい人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ社長の渡辺秀和氏に、外資系企業の採用戦略のポイントなどを聞いた。
【コンサルティングの中途採用】セキュリティ、IoT、デジタルマーケ等の新領域の急拡大で積極採用

【コンサルティングの中途採用】セキュリティ、IoT、デジタルマーケ等の新領域の急拡大で積極採用

コンコードエグゼクティブグループ 渡辺 秀和  代表取締役社長 CEO

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース