2018年7月5日

【新卒採用】学生の変化に合わせず、これまでのやり方を変えない採用で悪循環に陥る

Roots 中島 悠揮 代表取締役

 (21836)

 企業と早期から接触できるイベントやインターンシップの増加によって、大手就職ナビがオープンする3月から企業を探し始める学生は少なくなっています。学生の志望業界や企業の絞り込みも早まっていますので、インターンシップを行っていない企業には3月のエントリー開始時に学生が集まらず、採用活動に大きく出遅れています。

 今年は1dayインターンシップが急増し、その点については賛否がありますが、インターンシップは採用活動の手段としてもはや欠かせないものとなっています。

 就職ナビによる集客に依存せず、多様な採用手法を活用して学生と接点を作る必要がありますが、媒体やイベントによって集めることができる学生のタイプは大きく異なります。感度が高い採用担当者はさまざまな採用支援サービスを上手く使い分けて効率的な母集団形成を行っています。

 一方、内定者を確保できずに採用活動が長期化し、次年度の取り組みにも着手できないという悪循環に陥っている企業も見られます。こうした企業に共通しているのは、学生の変化に合わせず、これまでのやり方を変えない姿勢です。例えば、学生のコミュニケーションツールはLINEが主流になっていますので、メールで案内を送っても見てもらえません。

 採用基準を下げてまで内定を出す傾向はほとんど見られず、内定辞退の増加を見込んでいる会社も昨年以上に多いようです。夏以降も当初の志望業界から範囲を広げて活動を続けている学生、複数の内定を持ちつつさらに良い企業を探している学生もおり、優秀な学生を獲得できる可能性は残っていると思います。

 採用が難しくなる中、学生と直接会う時間をより多く確保する必要性が高まっています。そのために、人事採用管理システムを導入して業務の効率化を目指す企業が増えています。入社後の活躍状況もフォローしてデータを蓄積すれば、自社で活躍できる人材の特徴を理解した上で採用活動を行うことができます。

おすすめの記事

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

キャリアマート 石井 貴善 採用コンサルティング事業部マーケティングマネージャー
社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹  人材開発課長 

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹 人材開発課長 

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。
【新卒採用】採用ターゲットの学生に限定したインターンシップや説明会が増加

【新卒採用】採用ターゲットの学生に限定したインターンシップや説明会が増加

アクセスヒューマネクスト 冨澤 一憲 代表取締役社長
大学生の就職内定率87.9%と同時期で過去最高、関東では90%超

大学生の就職内定率87.9%と同時期で過去最高、関東では90%超

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が87.9%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、2018年12月1日現在の状況を取りまとめた。
大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

 2018年の大卒初任給は前年比0.3%増となる20万6700円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が77.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

 2019年卒学生の「採用充足率」(内定者数/募集人数)は前年を1.4ポイント上回る84.4%となっており、企業にとって厳しい状況が続いていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース