HRサービス

履歴書の自動解析技術で、採用担当者の労働生産性を高める【Daxtra Technologies】 他

履歴書の自動解析技術で、採用担当者の労働生産性を高める【Daxtra Technologies】

 応募者情報の入力や管理業務の煩雑さは、採用担当者の労働生産性を低下させる一因となっている。そうした採用事務業務をテクノロジーで効率化するのが、DaxtraTechnologiesの履歴書の自動解析サービスだ。文書の自動解析技術はParsing(パーシング)と呼ばれ、同社の解析エンジンは履歴書の記載内容を理解し、「個人情報」「学歴」「職歴」「経験(スキル)」などの情報を約150項目取り出せる。

 応募者情報を蓄積して活用すれば、採用担当者が候補者に直接アプローチする「ダイレクト・リクルーティング」の強化にも役立つ。同社のサービスは世界1500社以上で利用されており、解析結果をCSVファイルで受け取れるようにした日本市場向けサービス「JET」を導入する日本企業が増えている。

 同社は、採用力強化に取り組む日本企業を支援するため、経営・人事分野のテクノロジー活用を啓発しているHRテクノロジーコンソーシアムの法人会員向けに無償利用キャンペーンを予定している。

Daxtra Technologies
ファイルを送るとCSVファイルで解析結果を受け取れる

Web会議システムとLMSの連携で、研修のオンライン化をサポート【ライトワークス】

 従来の集合研修をオンライン研修に切り替える企業が増えていることを受け、ライトワークスは、ZoomやGoogle MeetなどのWeb会議システムと、同社のLMS(教育管理システム)「CAREERSHIP」を連携させる仕組みの提供を開始した。

 連携によって、研修参加者への案内やリマインドの自動化、参加履歴のデータ化、研修前後のテスト・アンケート・レポートによる理解度の把握、復習用・欠席者向けに録画動画の事後配信などが可能になる。また、「CAREERSHIP」は日・英・中(簡・繁)の4言語に対応し、グローバル企業もサポートする。

 研修のオンライン化の加速によって、「CAREERSHIP」の引き合い数は過去最高水準となっており、4〜5月の「CAREERSHIP」へのピーク時間帯のログイン数は3月以前と比較して一時5倍近くまで増大した。Web会議システムとの連係機能によって、研修管理業務の効率化や個別運用しているオンライン研修の体系的な管理に役立ててもらい、より効果的な社員教育が実現できるように支援する。

ライトワークス
いつでもどこでも学習できる環境を提供する

従業員エンゲージメントを高める「社内報ウェビナー」を支援【Forent】

 新型コロナウイルスの感染拡大を契機としたリモートワークや多様な働き方の広がりに伴って、従業員のエンゲージメントを高めるための新たな工夫が必要になっている。Forentはエンゲージメントを向上させる施策として社内報に着目し、社内報をYoutubeやFacebookでライブ配信することによって、従業員が相互にコミュニケーションしやすい状況を作り出す「社内報ウェビナーサービス」を開始した。

 同社は、法人向けコーチングサービス「CoachBiz」やウェビナー代行を行っており、「社内報ウェビナー」では、ウェビナーのノウハウやコーチングによるマネジメントの知見を活かして、ビジョンやバリューの策定、 施策の検討、社員がワクワクする動画制作、 独自のアセスメントによるエンゲージメントの測定など、企画から運用までを同社のコンサルタントがサポートする。

 同社は「ウェビナーまるっと代行サービス」も開始し、オンラインセミナーを用いた顧客獲得や、新卒・中途採用を促進したい企業の支援を強化している。

Forent
リモートワークでもコミュニケーションしやすい状況を作り出す

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP