人材採用

就職・転職で気になるブラック企業とホワイト企業、言いかえればキャリアアップか安定か

就職・転職先選びで長時間労働かどうかなど労働時間を気にする人が増えている。とくに新卒学生は電通の過労死事件がマスコミで盛んに報道されたこともあり、労働時間や休日を指標にする傾向が強い。その傾向は転職者も同様だ。(文:日本人材ニュース編集委員 溝上憲文、編集:日本人材ニュース編集部

労働時間

30~34歳の転職先選びの決め手は「労働時間」

人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン実施した調査(職務動向調査2016)によると、転職先を決める時の評価基準は全世代では「仕事内容」「給与」「勤務地」の3つが上位を占める。だが、転職コア層である30~34歳では約4人に1人が「労働(残業)時間」を転職先選びの重要な決め手にしている。

ただし、長時間労働だからブラック企業であり、そうでない企業がホワイト企業だという分類はあまりにも単純すぎる。「御社はブラックあるいはホワイト企業ですか」と聞くと人事担当者の多くが「日本企業の9割はグレーではないか」と言う。 

大手住宅設備メーカーの人事担当者は「労働時間も短く報酬も高い、雇用も安定しキャリアを獲得できるホワイト企業なんてほとんどないのではないか。若いときは残業を厭わず、いろんな仕事を経験する下積み時代があるからその後の成長につながり、高い報酬やキャリアを獲得できるものだ」と指摘する。

もちろん過度の残業はよくないが、吸収力のある若いときは多少無理をしてでも仕事を覚えることも必要だろう。それによって高いスキルをより早く修得できる可能性もある。

ホワイト企業とブラック企業のタイプ分け

就職先選びにおいては労働時間以外に処遇やキャリア形成力などの視点も大事だ。生涯賃金など処遇面から見ると別のホワイトとブラックの指標が浮かび上がってくる。法政大学キャリアデザイン学部の梅崎修教授と高崎経済大学の小林徹講師の共同で研究しているテーマの中で、企業の標準労働者のモデル賃金を分析し、4つの企業タイプに分類している。

入社後の一定期間は給与の違いがあっても、その後の賃金の上がり方で「超大手ホワイト」「派手系ブラック」「地味系ホワイト」「低賃金ブラック」の4つに分けられるという。

一番わかりやすいのが若年時の賃金も高く、勤続年数で賃金が上がり続ける「超大手ホワイト」。逆に給与水準が相対的に低く、長年勤務しても賃金がさほど上がらない「低賃金ブラック」である。

新卒学生に人気、成果重視の「派手系ブラック」

わかりにくいのが「派手系ブラック」と「地味系ホワイト」企業だろう。派手系ブラックは新卒入社後の賃金は超大手ホワイト並みに高いが30歳を過ぎると、選別されて成果を出す人のみ賃金は上がっていくが、多くの社員は賃金カーブがフラットになり、それほど上がらなくなる。賃金制度は年齢に関係なく従事する職務や仕事が変わらなければ給与は上がらない欧米型の職務給に近く、給与に占める成果給の比率が高いところに多い。定期昇給はなく、成果を出すか、上のポストに就かない限り給与が上がることはない。

大手人材紹介業のコンサルタントはその特徴について「メデイアの露出度も高く、成長しているIT系のベンチャー企業や不動産、流通業などサービス業に多い。会社の歴史は浅いが、業績は堅調。給与面だけ見れば30歳で転職しても高いところは年収700万円程度もらえるが、そこからあまり上がらない。しかも仕事はハードで結構無理難題な課題を与えられる。仕事の密度が濃い分、拘束される時間も長い。驚いて短期間にやめる人も少なくない」と指摘する。

新卒学生はとかく派手系に入りたがる。会社説明会に行くと、業界でも有名な社長が登場し、演出も巧みだ。給与も悪くはないし、先輩社員との対話では選ばれたエリートが仕事に対する熱い夢を語ると、「自分も成長できそうだ」と錯覚する。どうしても就職先としては派手系に目移りしやすい。

離職率が低く安定した雇用の「地味系ホワイト」

それに比べて地味系は知名度が低い。超大手ホワイトに比べると給与水準は見劣りするが、それでも定昇などによって時間軸で見ると段階的に上がっていく。派手系に比べて平均勤続年数も長く、40~50代のオジサンが自らの経験を語れ、それが競争力の源泉になっている企業だ。しかも標準労働者の賃金を比較すると40歳以降に派手系を上回り、生涯賃金も高い。

隠れた給与である福利厚生も手厚い。一般的に派手系は住宅、家族、食事手当などの属人手当がなく、基本給1本という会社が多いが、地味系は諸手当が充実し、社宅・寮100%完備という会社もある。給与換算すると派手系とは遜色のない金額になる。ものづくりなど製造業系に多く、特定分野で圧倒的シェアを持つ企業もある。

当社は地味系ホワイト企業に近いという機械部品メーカーの人事部長は自社の魅力をこう語る。「超大手企業ほど報酬は高くないが、雇用も安定し、離職率も低い。給与も安定的に上がっていくし、時間軸で見れば派手系企業よりも生涯賃金はよいと思う。45歳までは平均4000~5000円の定期昇給があり、寮・社宅も完備している。規模は小さいが、その分、超大手ホワイトより個人の仕事の裁量が大きく、いろんなことを経験し、キャリアを積める。何より同僚や先輩が熱心に面倒を見てくれるし、愛に溢れている」

ただし、派手系ブラックも選び方によってはキャリアを身につけるのには最適だ。前出のコンサルタントは「短期間にスキルや仕事力を身につけられるのは確か。4~5年働くとマーケット価値も高く、転職には有利だ」と指摘する。

安定したライフプランを重視したいのか、スキルやキャリアを獲得したいのか。自分の年齢や仕事に対する価値観をしっかりと考えたうえで就職先を選びたい。

  • 執筆者
  • 記事一覧
溝上憲文

人事ジャーナリスト/1958年生まれ。明治大学政経学部を卒業後、新聞、ビジネス誌、人事専門誌などで経営、ビジネス、人事、雇用、賃金、年金問題を中心に執筆活動を展開。主な著書に「隣りの成果主義」(光文社)、「団塊難民」(廣済堂出版)、「『いらない社員』はこう決まる」(光文社)、「日本人事」(労務行政、取材・文)、「非情の常時リストラ」(文藝春秋)、「マタニティハラスメント」(宝島社)、「辞めたくても、辞められない!」(廣済堂出版)。近著に、「人事評価の裏ルール」(プレジデント社)。

  1. 【2024年春闘】大企業は大幅賃上げで満額回答続出、非正規労働者の賃上げはストライキも辞さない交渉へ突入か

  2. ダイハツ不正問題は組織改革の失敗が主因、フラット化による役職ポスト大幅削減でミスを叱責する風土が形成された

  3. 2024年 人事の課題 政府の賃上げ要請と労働関連法改正への対応

  4. 2024年問題で人手不足倒産増加? ゆるブラック企業化で人材流出も

  5. 賃上げ、ジョブ型、テレワークの実態など、2023年人事のできごとを解説

  6. ジョブ型人事の導入で始まる「キャリア自律」への大転換【2024年 育成・研修計画】

  7. 選考の早期化で10月に内定出しも、インターンシップが事実上の採用選考に

  8. 賃上げの原資はどこから? 大幅アップの最低賃金改定により中小企業が迫られる決断

  9. コロナ禍を経てリモートワークはどのように変化したか これからの働き方の最適解は?

  10. 三位一体の労働市場改革のねらいとは? リスキリング、ジョブ型、転職、そして退職金増税について概要を解説

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY

ピックアップ

PAGE TOP