課長のための「やらない」教科書 チームマネジメントは、“最小限”でいい

オフィスたはら

オフィスたはら
田原 洋樹
代表取締役

 人材育成の仕事を通して、多くのビジネスパーソンと出会いますが、最近「課長」というポストが「あこがれ」のポストではなく「あわれみ」の存在として定着しつつあるのではないかと感じています。

 若手に問うと「うちの課長はいつも大変そうだ」「自身は将来課長にはなりたくない」など、その存在にネガティブなイメージを抱くことが多いです。一方、課長層は「とにかく忙しい」「上からも下からもプレッシャーを受けている」と自身の仕事に後ろ向きな感想をもらします。

 そんな「課長たち」を元気づけたい。もっと活き活きとマネジメントに関わってもらえないかと考えています。 本書の企画意図はそこにあり、ドラッカーの劣後順位の考え方に基づいて課長業務の「やらねばならないこと」から、大きく7つの「やらないこと」を提唱しています。

 ①あえて「教えない」部下と一緒に考える習慣を根付かせる②もう「叱らない」期待を投げかけることで部下の能力を伸ばす③いちいち「仕切らない」会議を活用して、部下の主体性を発揮させる④無理に「つき合わない」ノミニケーションは必要ない⑤簡単に「なびかない」いい人にならない勇気を持つ⑥つべこべ「話さない」上司に求められる「傾聴力」の習得方法⑦いつまでも「残らない」課長に求められる「引き算」の発想術。

 「やらねば」から「やらない」へ逆転の発想を促すことで、慢性的な疲弊状態に陥っている「課長」たちを元気づけることができればと考えています。

 いつかは「課長になりたい」、我々が新人だった当時あこがれたポストは今や、なりたくないポストの筆頭になってしまいました。「課長」が華のポストに返り咲くには、「やらねばならない」と拳を固く握りしめ、自らを鼓舞するのではなく、「やらないこと」を意思決定し、肩ひじ張らずに仕事を楽しむことの意識の変容が必要です。

 ただし、変化には勇気がいります。本書がそんな勇気ある課長にエールを贈る1冊となればいいと願っています。

オフィスたはら

田原洋樹 著
三笠書房、1,300円+税

大手・上場企業の人事部長へセミナー・サービス案内を配信できる「メールDM」受付中

関連記事

ピックアップ

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  2. 【コンコードエグゼクティブグループ】優秀な人材を採用できない企業からは、エース社員も流出する~企業の持続的成長を実現する採用革新

  3. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  1. ベリタス・コンサルティング「事業に立脚したテーマに取り組むプログラムで、実践的な経営幹部育成を支援します」

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン「20年以上の国内実績と世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」

  3. Spring Professional「専門チーム編成、360度式コンサルティング、ビジョン軸のマッチングで“ベストマッチ”を追求します」

  4. エリメントHRC「医療機器・製薬分野の経験者採用で、高い内定受諾率を実現するコンサルティングが強みです」

  5. アンテロープキャリアコンサルティング「金融とコンサルティング業界に専門特化し、プロフェッショナル人材を紹介しています」

  6. パーソルキャリア エグゼクティブ エージェント「独自ネットワークと日本有数の人材データベースから最適なエグゼクティブ・スペシャリストを紹介します」

  7. イーストウエストコンサルティング「業界・職種別の専門チームによるサーチで質とスピードを重視した優秀な人材を紹介します」

  8. エンプラス「初めて日本に住む外国人の海外採用や転勤者受け入れを支援し、社員の定着を促進します」

  9. Youth Planet「採用戦略の検討から実行までの一貫支援とSNSを活用した集客ノウハウが強みです」

  10. アイムファクトリー「ITエンジニアの紹介に特化し、慢性的な人材不足の解消を支援します」

TOP