部長の一流、 二流、三流

巧コンサルティング

巧コンサルティング
志倉 康之
代表取締役

 「志倉さん、部長になってから毎日が本当に辛いです」これは私のコンサルティング先の部長が個別面談の際に漏らした一言です。この一言が私が本書を執筆するきっかけになりました。この方と初めてお会いした際、彼は社内で誰もが一目置くビジネスマンでした。

 当時の役職は課長。口癖は「三度の飯より仕事が好き」「仕事は自分で面白くするもの」でした。会社の若手は誰もが彼に憧れている、そんな存在でした。順調に部長に昇進して1年…すべては変わってしまいました。一体彼に何が起こったのでしょうか。

 私は現在、企業研修やコンサルティングを通して年間200社以上を訪問しています。その経験の中で「多くの部長が彼のように疲れている」ことに気が付きました。そして部長が疲れている組織は総じて部下も覇気が無く、どことなく重苦しい雰囲気が流れており、業績は上がらず離職率も高くなり、まさに負のスパイラルです。

 それでは部長という仕事は辛い仕事なのでしょうか。この質問に関しては明確に「違う」と回答します。なぜなら、疲れている部長が存在する一方で、毎日スキップしながら仕事をしている部長も存在するからです。そのような部長は、自分に自信があり、周囲を巻き込むエネルギーを持ち、部下のモチベーションを向上させ、当然ながら高い成果を上げ、結果として社内外から一目置かれています。

 疲れている部長と、スキップしている部長、一体何が違うのでしょうか。スキップしている部長を「一流の部長」と定義し、特徴を46の項目でまとめたものが本書「部長の一流、二流、三流」です。私自身、会社員時代に部長職を経験しました。今考えると当時の私は一流の部長ではなかったと思います。

 悩みを抱えている部長の方、部長職を目指す管理職の方、自身の成長に貪欲な若手ビジネスマンの方、人材育成に悩む人事担当者の方、全ての方に読んでいただけたら嬉しく思います。

巧コンサルティング

志倉康之 著
明日香出版社、1,500円+税

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  2. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  1. クライス&カンパニー「“専門分野×IT”を領域とするコンサルタントが業績を向上させる人材を探し出します」

  2. プロフェッショナルネットワーク「クライアントの経営課題の本質を追究し、解決策の提案から実践まで支援します」

  3. ネクストエデュケーションシンク「企業のDX人財育成など先進の科学的アセスメント、組織分析・コンサルを迅速に実施します」

  4. ワークス・ジャパン「採用ブランディング、オンラインコミュニケーション、採用管理システム等、採用プロセスを一貫支援します」

  5. HPOクリエーション「ニューノーマル時代に勝ち続ける、ハイパフォーマンス組織、リーダー、営業力の開発を支援します」

  6. インターウォーズ「未来の成長実現のパートナーとして、企業と候補者の相性を大切に幹部人材を紹介します」

  7. フジキャリアデザイン「メディアグループの高い情報収集力と専門性によるマッチング精度が強みです」

  8. アイムファクトリー「ITエンジニアの紹介に特化し、慢性的な人材不足の解消を支援します」

  9. みらいワークス「プロフェッショナル人材による経営課題の解決、副業促進による組織力向上を支援しています」

  10. マイナビ「業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した紹介で確実な採用を実現します」

TOP