人材採用動向レポート

【金融分野の中途採用】従来のプレーヤーに加え、新規プレーヤーの増加で経験者採用は激化

コトラ
大西 利佳子 代表取締役

金融業界は採用ニーズが高い傾向が続いています。

インベストメント・バンキングビジネスでは、M&Aの求人が多くなっています。企業再編ニーズで大型M&Aも増えていますが、事業承継ニーズなどから国内の中小型M&Aも増加基調です。

大型M&Aではファイナンシャルなスキルを求める傾向が高いのに対し、中小型M&Aではコミュニケーション能力が高い人材を求める傾向にあります。

証券会社や銀行などの従来のM&Aプレーヤーに加え、独立型や新設のM&Aハウス、事業会社での自社のM&A担当など幅広い企業での採用ニーズがあり、経験者の採用競争は激しくなっています。

PEファンド、VCファンドなどのオルタナティブファンドでは、ファンドレイズが順調に進んでおり採用ニーズが活況です。従来のプレーヤーの規模拡大による増員ニーズに加え、新設ファンドも増え、ファンド運営経験者の採用ニーズがあります。

投信投資顧問ビジネスでの採用ニーズが強いのは、機関投資家営業、とりわけ金融法人営業です。運用形態も自社運用より外部委託が増加しており、ファンドマネジャー/ポートフォリオマネジャーも、海外のファンドマネジャーとの連携が頻繁となり、外資系だけでなく、日系でも英語が必要となるケースが増えています。

ミドルバックでも海外商品増により、英語のできるプロダクトスペシャリストの採用ニーズが強い傾向です。

また、AIによる運用ニーズから、データサイエンティストのニーズも高まっています。不動産金融では上場リート、私募ファンドともに求人が活況です。

新規上場ファンドの他、物流や海外不動産などの新規テーマのファンド設立も相次ぎ、中核人材のニーズがあります。

アクイジション、アセットマネジメント人材に加え、財務・経理・IRなどのミドルバック人材ニーズも高く、経験者の採用は競争が激しい状況です。

未経験者を採用する場合、入社後の活躍に必要なスキル獲得のための基礎能力を自社にあった形で定義できた企業が採用に成功しています。

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP