2017年1月30日

【新卒採用】「質」を意識した選考方法の再構築が採用成功の可否を握る

タレントアンドアセスメント 山﨑 俊明 代表取締役

 (11382)

 18年卒採用のトレンドは、17年卒採用より増してインターンシップを取り入れる企業が多くなる見込みです。経団連が定める会社説明会の解禁時期(6月)よりも前に、他社に先駆けて少しでも多くの学生を囲い込みたいと目論んでいる企業の意図が見えます。

 また、依然として人材の不足感は満たされておらず、18年卒採用も採用数は増加傾向にありますが、17年卒採用は採用数の「量」を意識したばかりに、選考基準を落とし採用数の確保を優先した企業が少なくありませんでした。

 そのため、「質」に対する満足度は、前年度よりも低い結果となりました。18年卒採用は「質」を意識した選考方法の構築が成功の可否を握ると思われます。

 17年卒採用では、大多数の学生が情報源のツールとしてスマートフォンを利用するという結果になりました。情報源として利用してるメディアの接触率は、インターネットが80%を超え、テレビや新聞といったメディアでの接触率は著しく減少しています。

 また、企業と同様に学生のインターンシップに対する意識が高まっており、参加者数は年々増加傾向にあります。学生は「自分のやりたいことができるか」ということを重視しており、実際に体験することで企業選択のミスを防ぎたいという意識が強くなっています。

 実際にインターシップに参加した学生は、参加した企業の採用選考を受ける割合が7割を超えており、志望動機につながる重要なファクターとなっています。

 採用において重要な指標は、「質」と「量」の確保です。しかし、ほとんどの企業において、「量」における目標はあっても、「質」に対する明確な基準を持ち合わせておらず、事実上、肌感覚で捉えて採用の合否を決定しています。

 多様化が進んでいく中、優秀な学生を目標人数集めるためには、いかに競合他社に先駆けて、採用基準をメソッド化(定性的かつ定量化)し、要件定義されたタレントマネジメントを戦略的に構築できるかが成功の可否を握っていると言えます。

 スマートフォンの普及とともにテレビや新聞・就職雑誌の存在感は、ますます薄くなってきています。その反面、OB・OGからのリアルな情報源については、信頼のおける情報源として重要視している学生が多くなってきています。

 入社動機につながる情報源を、様々なメディアを使い分けながら発信していくことで、学生が受け取る印象が大きく違ってきます。18年卒採用は、ネットとリアルをうまく掛け合わせて、学生にリーチしていくことが重要になります。

おすすめの記事

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

大学生の就職内定率85.0%、リーマン・ショック前の水準を上回る

大学生の就職内定率85.0%、リーマン・ショック前の水準を上回る

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が85.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、2016年12月1日現在の状況を取りまとめた。
大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は、リーマン・ショック前のピークを8年ぶりに更新したことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
インターンシップ参加後に企業から接触を受けた学生が77% ディスコ調査

インターンシップ参加後に企業から接触を受けた学生が77% ディスコ調査

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、インターンシップ後に企業から接触を受けた学生が7割強に達していることが分かった。
【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

マイナビワークス 柳楽 太郎 若年キャリア事業部 営業支援部 部長
2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、2018年卒学生の4月1日時点の内定率は14.6%で、前年同期に比べ内定の前倒しが進んでいることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

セミナー・イベント

プレスリリース