人材育成

人材育成

人材育成の記事

企業が優先対応すべきリスクは「海外」と「人材不足」

企業が優先対応すべきリスクは「海外」と「人材不足」

 監査法人のトーマツが実施した企業のリスクマネジメント調査(2015年版)によると、企業が優先対応すべきリスクとして、「海外拠点の運営に係るリスク」と回答した企業が最多となったことが分かった。
若手社員の基礎スキルを診断し、強み・弱みを可視化 トーマツ イノベーション

若手社員の基礎スキルを診断し、強み・弱みを可視化 トーマツ イノベーション

 人材育成・研修サービスのトーマツ イノベーション(東京・千代田、眞﨑大輔社長)は、ビジネスパーソンの知識・スキルを診断する「Biz SCORE(ビズスコア)」サービスの提供を2月から開始する。
オンライン動画学習サービスに「人事チャンネル」を開設 スクー

オンライン動画学習サービスに「人事チャンネル」を開設 スクー

 オンライン動画学習サービスのスクー(東京・渋谷、森健志郎代表)は、人事担当者向けのオンライン授業「人事チャンネル」を開設した。
活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

経営環境の変化でリーダー人材の採用と社内人材の育成を強化する企業が増えている。一方で、「リーダーを採用できない、育成できない」との声も挙がる。今後、何を実践すればリーダーを確保することができるのか、企業の課題を探った。
【著者が語る】ハイパフォーマー彼らの法則

【著者が語る】ハイパフォーマー彼らの法則

HRアドバンテージ 相原孝夫 代表取締役社長
新入社員のTOEIC平均スコア494点

新入社員のTOEIC平均スコア494点

 日本でTOEICプログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会の発表によると、今年の新入社員のTOEICテスト平均スコアが494点だったことが分かった。
国内からグローバルへ、 非正規から正社員へ、 一気通貫の育成システムを構築

国内からグローバルへ、 非正規から正社員へ、 一気通貫の育成システムを構築

人口減少社会に入り、あらゆる産業で優秀な人材の確保と定着の重要性が増している。若手人材の育成や非正規社員から正社員への転換などの一貫した育成システムの再構築に取り組む動きが相次いでいる。
【著者が語る】自ら考え戦略的に動く営業集団をつくる 3つのフレームワーク

【著者が語る】自ら考え戦略的に動く営業集団をつくる 3つのフレームワーク

富士ゼロックス総合教育研究所 河村亨 シニアコンサルタント
グローバルに活躍できる人材の不足が経営課題に

グローバルに活躍できる人材の不足が経営課題に

 グローバルに活躍できる人材の不足が多くの企業で経営課題となっていることが、経団連の「グローバル人材の育成・活用に向けて求められる取り組みに関するアンケート」結果で明らかになった。
世界で戦う人材育成とマネジメントの検証「Executive HR Seminar 2014」

世界で戦う人材育成とマネジメントの検証「Executive HR Seminar 2014」

グローバル人材育成を支援するアルーは10月17日、「Executive HR Seminar 2014」を都内で開催した。企業のグローバル展開における人事の課題や本当に戦えるグローバル人材を育成するために重要な視点、有効的な人材マネジメントの実行について考察が行われた。
大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業は5割超

大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業は5割超

 2011年3月大卒者の3割以上が3年以内に入社した企業を辞めていることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」から明らかになった。
若手社員の退職 6割が3年以内に

若手社員の退職 6割が3年以内に

 初めて勤務した会社を辞めた若手社員の6割が3年以内に退職している実態が、厚生労働省が9月25日に発表した「若年者雇用実態調査」で判明した。労働力人口が減少する中で、改めて採用時のマッチングと若手社員の定着施策が重要課題になっている。
67 件

人材育成で人気のキーワード