人材採用

7月の完全失業率2.7%、正規雇用は前年同月比1万人減

総務省が発表した労働力調査(速報)によると、7月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.2ポイント増加して2.7%だった。

男女別の完全失業率は、男性が2.7%で前月から0.1ポイント減少、女性は2.6%で前月から0.5ポイント増加となった。

完全失業者数は183万人(前年同月比7万人増)で、3カ月ぶりの増加となった。完全失業者のうち「勤め先や事業の都合による離職」は25万人(前年同月比2万人減)、「自発的な離職(自己都合)」は75万人(同増減なし)、「新たに求職」は46万人(同2万人増)だった。

就業者数は6772万人(前年同月比17万人増)で、12カ月連続の増加となった。就業者数のうち雇用者数は6085万人(同33万人増)。

就業者数の前年同月比を産業別に見ると、医療,福祉(31万人増)、建設業(16万人増)、卸売業,小売業(16万人増)などが増加し、農業,林業(18万人減)、運輸業,郵便業(15万人減)、情報通信業(11万人減)、金融業,保険業(11万人減)などが減少した。

正規雇用は3608万人(前年同月比1万人減)で4カ月ぶりの減少。非正規雇用は2143万人(同38万人増)で2カ月連続の増加となった。

非正規雇用の内訳は、パート1042万人(前年同月比18万人増)、アルバイト484万人(同28万人増)、労働者派遣事業所の派遣社員148万人(同12万人減)、契約社員280万人(同3万人減)、嘱託106万人(同3万人増)、その他84万人(同4万人増)。

その他の人材採用や人事関連の記事はこちら

【あわせて読みたい】

インソース

ピックアップ

広告掲載のご相談

注目記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY

関連記事

PAGE TOP