HRサービス

1000超のeラーニングコンテンツをサブスクモデルで提供【アイ・ラーニング】 他

1000超のeラーニングコンテンツをサブスクモデルで提供【アイ・ラーニング】

 テレワークの広がりで通勤や会議の時間が短縮されると、その時間を社員のスキルアップに活用できる。そうした学習機会の需要に応えるため、アイ・ラーニングは世界最大級のeラーニングコンテンツプロバイダーである米スキルソフトと業務提携し、サブスクリプションモデル(定額学び放題)で1000超のコンテンツが学べるeラーニングシステム「Percipio」の提供を開始した。

 デジタル・トランスフォーメーション(DX)やAI/データサイエンスの最新テクノロジー、リーダーシップやビジネススキルなど、世界標準の最新コンテンツ(日本語・英語対応)を時間や場所を問わず受講できる。人事担当者や管理者は、 管理ツールを利用して学習者の進捗状況や学習成果の把握が可能だ。

 低コストで長期的・体系的な人材育成に役立ててもらうため、アイ・ラーニングが必要なコンテンツを組み合わせて「DXスキル育成」「ビジネススキル育成」などのコースを用意している。

アイ・ラーニング
受講履歴からお薦めのコースを表示してくれる

フリーランスの人事・採用業務経験者とオンラインでマッチング【コーナー】

 働き方改革の推進や新型コロナウイルス感染防止への対応に追われる人事部門の人材不足を解決するため、コーナーは、人事・採用業務の経験を持つフリーランスや副業人材と出会えるオンラインマッチングサービス「corner works」のβ版をリリースする。

 「corner works」には、複数企業の人事を兼務している人材、スタートアップ企業のCHRO、大手企業の人事責任者や組織開発・人材開発・採用業務の経験者、人材紹介会社のマネジャーやキャリアアドバイザーなどが2000人以上登録している。

 企業は募集業務の掲載や応募者とのコンタクトが無料で行える。サービス利用の初期費用や成約に伴う成功報酬費用も掛からず、最短1週間で業務開始が可能だ。同社が運営する「人事・採用のパラレルワーカーシェアリングサービス」の6月の依頼業務数は昨年対比で3倍を超えており、人事・採用業務でもフリーランスや副業人材の活用が広がっている。

コーナー
2000人以上の登録者から応募を受けられる

「営業」「人事」「経理」「法務」「総務」「企画・マーケ」専門職向け研修動画【ビズアップ総研】

 社員教育をオンラインに切り替える企業が増える中、オンライン研修サービス「e-JINZAI for business」を提供するビズアップ総研は、中堅・ベテラン・経営層を対象に高度専門職業人を育成するための研修コース「専門職研修」を追加した。

 1400本を超える追加コンテンツは「営業」「人事」「経理」「法務」「総務」「企画・マーケティング」の6部門において「トップ・マネジメント(経営幹部)」「ミドル・マネジメント(管理職)」「ローワー・マネジメント(職場リーダー)」が必要とする「テクニカルスキル(業務遂行能力)」「ヒューマンスキル(対人関係能力)」「コンセプチュアルスキル(概念化能力)」を高められる研修動画を揃えている。

 学習した内容を職場で実践して成果を出すための「研修アセスメントレポート」も用意し、社員のキャリアステージに応じた体系的な人材育成・組織開発、能力開発文化の社内定着の支援を強化する。

ビズアップ総研
「人事部門」の研修プログラム一覧

AIメンターが行動と内省を促し、若手社員の成長を支援するアプリ【シェイク】

 在宅勤務など多様な働き方の広がりによって、若手社員に目が行き届きにくい状況が増えている職場も出てきており、若手社員の育成施策にも工夫が必要になっている。シェイクが9月から提供を始めたのは、アプリ上のロボット型キャラクター「パーソナルAIメンターシェイ君」から投げかけられる質問に回答すれば、目標設定や行動計画の立案、 行動に対する振り返りができるサービス。

 質問内容は利用企業ごとにカスタマイズが可能だ。同社は、アプリの提供によって若手社員の成長に必要な「行動と内省」のためのコミュニケーションの機会を増やし、研修の学びなどを活かしながら自律的な成長を促す職場実践支援ツールとして役立ててもらう方針だ。

 人事担当者は若手社員の状況をアプリから個別に把握できるため、必要な人事施策の検討や、管理職・先輩社員の指導に掛かる負担軽減へのサポートにも役立てられる。

シェイク
AIメンターが振り返りのための質問を投げかける
オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP