組織・人事

【著者が語る】人間心理を徹底的に考え抜いた「強い会社」に変わる仕組み

モチベーションジャパン

モチベーションジャパン
松岡 保昌 代表取締役社長

【PROFILE】人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。リクルートに入社し、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として当時の急成長を人事戦略面から支える。その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として、逆風下での広報・宣伝のあり方を見直し新たな企業ブランド作りを行う。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長として、=SoftBankマークのCIを導入。福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役として球団立上げを行う。また、AFPBB News編集長として、インターネットでの新しいニュースコミュニティーサイトを立上げる。その後、経営幹部に特化した人材会社の設立を経て、現在は、企業の成長の可能性と個人のキャリアの可能性を広げる仕事を天職にすべく経営、人事、マーケティングのコンサルティング企業であるモチベーションジャパンを創業。多くの企業の顧問やアドバイザーを務めている。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士やキャリアカウンセリング協会認定スーパーバイザーの資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。

経営者から、「うちもこんな制度を取り入れてはどうか」と、他社で成功した事例の導入を勧められたことはありませんか。そして、「検討します」と言いながら、「何か違うんだよな。そのまま取り入れても、うちでうまくいくだろうか」と心の中で思われたことはありませんか。

本書をお読みいただくと、その違和感が生まれる理由がわかります。企業の成長ステージや、会社の理念、企業の中核的強みであるコア・コンピタンスが違うのですから、理想の人事制度やそれに伴う施策も、会社ごとに異なるはずなのです。

私が在籍した、リクルート、ファーストリテイリング(ユニクロ)、ソフトバンクの事例も織り込みながら、その会社に合った人事の仕組み・制度・施策を構築する際の考え方を紹介しています。実践経験を通して生み出した組織変革の手法も、「どの会社でも使えるフレームワーク」として紹介しました。

たとえば、自社の組織の現状を診断する際の指針となる「7つの視点」をはじめ、ファーストリテイリングの組織変革の実例を紹介しています。山口県宇部市から世界を目指し始めた頃は、「部署間の壁」「情報共有の不足」「評価制度のミスマッチ」など、どの会社でも起こりえる課題が山積していました。それらを解決するための取り組みは、企業規模、業種、業態を超えて、多くの会社の参考になるはずです。

「どうしたら会社は変わるのか。変われるのか」「どうしたら、もっと強い会社になれるのか」これは、多くの経営者、幹部はもちろん、人事の皆さんが一番思われているはずです。「強い会社」へと変わるために、時代を越えて活用できるメソッドを紹介したつもりですので、ぜひ人事の方だけでなく、経営者や管理職の方にも読んでほしいと思います。

「特別付録」として、「人間心理」に基づいた、人が自ら動く仕組みや施策を考える際に参考となる原理原則や理論も紹介しています。人事として取り組むことを考える際に活用ください。

モチベーションジャパン

松岡保昌 著
日本実業出版社、1,700円+税

その他の人材採用や人事関連の記事はこちら

【あわせて読みたい】

インソース

ピックアップ

広告掲載のご相談

注目記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
PAGE TOP