人材採用動向レポート

【ベンチャー企業の中途採用】成長が期待されるスタートアップが高額な投資を受けて採用が活発

アクシアム
渡邊光章 代表取締役・キャリアコンサルタント

ベンチャーキャピタルの投資審査や支援能力が格段に向上してきた昨今、彼らはより優れたベンチャーを厳しく選別するようになってきました。

アーリーステージ企業による数十億円単位の資金調達のニュースが複数あり、成長が期待されるスタートアップが増えた印象です。

ライフサイエンス、ヘルケア、AI、IoT、クラウド、ドローン、フィンテック、スマートフォン、不動産などの領域のベンチャーでは、アーリーステージやエクスパンション期でも高額な投資を受けられる傾向にあり、その採用も活発です。

急成長を期待されるベンチャーの特徴は、創業期からMBA、戦略コンサル、投資銀行、ファンド出身者、理系博士・修士が創業者を含め経営陣に多数参画していること。大手企業より他ベンチャーからの転身者が多いことも傾向として挙げられます。

これらのベンチャーは志の共感のみならず、経営についてのハードスキルを持つ人材、同じビジネスフレームで物事を捉えられる人材を強く求めています。しかしこのような特性を持つ候補者を求める企業は多く、グローバル化やM&Aを進める大手、事業継承や企業再生を狙う地方中堅企業でも同様です。

経営企画、事業開発、CFO、COO、CTOなどの候補者は引く手あまたで年収が高騰。そんな中、ベンチャーが採用を成功させるには、年収についての工夫が必要です。固定給は低くとも変動給となるストックやオプションの付与に厚みを持たせるなど、売り手市場を自覚したしっかりとした対策が必要でしょう。

ただやはり、ベンチャーにはミッションや事業目的を共有・共感できる人材が最重要ではないでしょうか。市場や経済の変化が生じてもしっかりしたリーダー人材さえいれば、戦略・製品・サービスの変更はいくらでも可能です。

しかし人材が定着しない、コミットメントが弱い組織はスピードや変化への対応が疎かになり成長は望めません。年収提示での工夫・努力をしつつ、コミットメントの面では妥協をしない採用が求められているといえます。

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP