人材採用動向レポート

【企画・マーケティング分野の中途採用】業績が向上したBtoC(生活関連)業界で採用活動が活発化

日本人材ニュース

ブラックピジョン
ホック・エムダド 代表取締役社長

マーケティング、コミュニケーション/PR、広告、デジタルマーケ、戦略プランニングの領域で採用活動が活発になっています(特にBtoC業界)。

20代から30代半ばまでのバイリンガルの優秀な日本人が求められており、領域は、デジタル/ソーシャルメディアマーケ(SEM、SEO、GDN、SNSなど)やイベントマーケなどのBTL、インタラクティブマーケ、ダイレクトマーケです。中小企業は固定費削減のため、統合マーケティングができるマーケティングコミュニケーションの専門家を採用する傾向にあります。

チャレンジ精神があり英語が話せる人材は、売り手市場の状況で、金銭的報酬よりも就業環境やワークライフバランス、キャリアの将来性などを重視する傾向にあります。このような求職者は転職市場には通常出てきません。キャリアや個人情報の観点からエグゼクティブ・サーチを選択しています。

優秀であるほど、彼らはキャリアチェンジを考える時間がありません。従って、良いチャンスが来て初めて考えるようになります。ヘッドハンティングにより転職に興味を持った候補者は、転職市場には出ていない案件の紹介とキャリア相談のサービスを受けられるため、時間を有効活用することができ、多忙な中、転職を成功させています。

東京五輪が上記動向の背景の一つです。過去数年と比較し年収も上がり、特にBtoC(生活関連)業界は景気の影響を受けやすく年収増や雇用の安定で業績が向上し、企画・マーケ職を採用する余裕が出てきているようです。

優秀な求職者は、採用担当者や人事を確かな目で観察しています。企業の大小に関わらず、短期・長期のキャリアアップ計画や的確な企業説明を行うことで採用の成功率は確実に上がります。

業界トップの人材を獲得する場合は第二新卒等の採用とは異なり、採用情報の一般公開はおすすめしません(ターゲットでない候補者が集まるため)。優秀な人材は新しい職を自ら探すのではなく、その機会がやってくるのを現行の仕事に没頭して待っていることが多いものです。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP