ホーソン実験

ホーソン実験とは、アメリカのシカゴにあるウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場で行われた生産性向上に関する実験です。第一次世界大戦後の好景気により物資の消費が拡大したことで、生産性の向上が必要となり実験が行われました。当時の経営管理方法は、フレデリック・テイラーが提唱したテイラーシステムが主流でしたが、この管理方法をさらに発展させることを目的としていました。
テイラーシステムでは作業手順のマニュアル化などにより生産の効率化を目的としていましたが、ホーソン実験では労働者の生産性向上を目的としていたのが大きな違いです。工場の照明の明るさを変えたり、労働条件を変えて作業させたりすることで、どのように生産性に影響があるかを観察しました。
結論として、職場の物理的な環境要因ではなく、周囲の人間関係が生産性に大きな影響を及ぼすということがわかり、現代のビジネスにおいても大きな影響を与えています。
なお、ホーソン実験の研究結果は様々な解釈ができるため反論も多く、確実なものとは言い切ることはできません。

インソース
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP