2016年9月29日

【著者が語る】超一流のビジネスマンがやっている すごいマナー

ヒロコマナーグループ 西出ひろ子 代表

 (9907)

HIROKO MANNER Group 西出ひろ子 代表

 マナーというと新入社員が学ぶものと思われがちです。マナーコンサルタントとして企業の存続に関わる重要な人財育成にまで活動の範囲を拡げ、実際に企業に赴き感じることは、マナーは新入社員だけが学べば良いというものでないということです。

 私の伝えるマナーは、「まずはとりあえずこれだけやっていればいいだろう」という表面的な形式を伝えるものではありません。

 マナーとは「相手の立場にたつこと、たてること」。そして、相互がプラスになる結果をだすために、まずは相手優先の気持ちや心をもつこと。

 このような心をもっている人材がいる企業は、結果的にその人材が人財となり収益をあげていく。だから、企業においてビジネスマナーが必要であるというマナーの存在意義をしっかりと伝えた上で、具体的な形式や所作をお伝えします。

 拙著は新入社員はもとより、中堅やベテランの皆様にも「え?そうだったの?」と思っていただける内容をまとめました。超一流といわれる人のマナー力、すなわち人間力の在り方、心、意識の持ち方もお伝えしています。
 
 仕事に慣れてくると楽をしたくなりますが、どんなに経験を積んでも、基礎基本を忠実に守って仕事をする人財が自社に存在することが、最終的にその企業が不祥事を起こすことなく永続的に生き続けられる所以です。

 ビジネスマナーは収益をあげるために存在します。その結果、社会貢献を果たしていきます。相手の立場にたつ真心マナーは、お客様と自社、取引先と自社、お客様と自分、上司と部下など、お互いにとってプラス、Win-Winの関係を築いていくものです。

 社員教育では形式や型ばかりに注力することなく、人の気持ちを理解でき、人間力の意識の高い、迅速な判断や行動のできる人材の育成に真心マナーは必須です。

 これらが身に付いていれば、自分で考え、その場その場で、相手や状況に合わせた臨機応変な対応ができる超一流のできる人財になります。
超一流のビジネスマンがやっている すごいマナー

超一流のビジネスマンがやっている すごいマナー

西出ひろ子著
ぱる出版、1,300円+税

ヒロコマナーグループ「企業収益向上の徹底マナー指導で、社員の意識と行動を変える人財育成を実現します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ヒロコマナーグループ「企業収益向上の徹底マナー指導で、社員の意識と行動を変える人財育成を実現します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
西出 ひろ子 グループ代表
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】頭がいい人のマナー 残念な人のマナー

【著者が語る】頭がいい人のマナー 残念な人のマナー

ヒロコマナーグループ 西出 ひろ子 代表
16年春入社の新入社員「条件の良い会社があればさっさと移る」55%、入社半年で倍増

16年春入社の新入社員「条件の良い会社があればさっさと移る」55%、入社半年で倍増

 日本生産性本部が2016年春の入社から半年が過ぎた新入社員を対象に実施した調査によると、「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得」と考える人が5割を超え、過去最高を記録したことが分かった。
「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が初めて7割超える、女性は8割以上

「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が初めて7割超える、女性は8割以上

 「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が前年から大幅に増加して初めて7割超えたことが、日本生産性本部の調査で分かった。
入社半年の新入社員が管理職になりたくない理由は「自分の自由な時間を持ちたい」

入社半年の新入社員が管理職になりたくない理由は「自分の自由な時間を持ちたい」

 日本生産性本部が入社から半年が過ぎた今年の新入社員を対象に実施した調査によると、管理職になりたくない理由は「自分の自由な時間を持ちたい」が最も多かったことが分かった。
新入社員のTOEIC平均スコア494点

新入社員のTOEIC平均スコア494点

 日本でTOEICプログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会の発表によると、今年の新入社員のTOEICテスト平均スコアが494点だったことが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース