2017年5月17日

【新卒採用】面接開始時期を早めた企業が4割、応募不足を補う追加策にも注力

ディスコ 駒形 一洋 キャリタス就活 編集長

 (12206)

企業の採用活動は苦戦、活動の早期化が顕著

 当社が企業に対し採用戦線序盤の感触を調査したところ、多くの企業が苦戦を強いられている様子が明らかになりました。

 ここまでの採用活動について、「苦戦している」と回答した企業が約4割(42.7%)で、「順調」(19.9%)の約2倍に上りました。

 「エントリー受付数が昨年の7割程度に落ち込んでいる」(メーカー)、「3月の1週目は順調にエントリーが増えていたが、その後は伸び悩んでおり、会社説明会動員数ともに大幅に落ちている」(流通)、「学生が早期から業界や企業を絞り込む傾向があり、思うようにエントリーが増えない」(商社)など、採用現場からの苦しい声も多数寄せられました。

 そのような環境の中で、少しでも自社の採用を優位に進めようと、企業が活動を早めているのも今年の特徴です。日程ルールは前年と同じにもかかわらず、面接開始時期を早めた企業は約4割にも上ります。面接開始予定時期は、4月が最も多く(36.3%)、選考解禁月である6月開始(13.0%)を大きく上回っています。すでに半数以上の企業が、面接を開始しているのです。

多くの企業が採用活動の長期化を視野に入れる

 しかし、動き出しが早いからといって、採用活動が早く終わるわけではありません。すでに応募してきた学生の面接を進める一方で、さらにエントリー者を集めるための採用広報活動にも引き続き注力している企業が多いのが実態でしょう。

 すでに約半数の企業が、これから、合同企業説明会や学内セミナーへの出展、就職サイトへの情報掲載、学校訪問などを通じた追加母集団(エントリー者)の形成を予定しています。

 内訳をみると、「6月より前の施策を検討」が約3割(28.9%)、「6月以降の施策を検討」も2割(20.0%)に上ります。6月の選考解禁後、大手企業を中心に一気に内定出しが進むことが予想されます。

 納得のいく企業から内定を得ていない学生が、仕切り直して動く時期に狙いを定めているようです。現時点で、すでに長期戦を覚悟している企業が多いといえるでしょう。

内定者辞退の補充は困難、入社までのフォローは必須

 加えて内定者フォローの重要度はますます高まっているといえます。母集団形成での苦労を考えると、内定者に辞退されると、その後の補充は容易ではありません。辞退者を防ぐこと、入社までの意識を高めることは、近年の売り手市場の戦線においては、非常に重要な意味をもっているといえます。

 特に今年はよりインターンシップに注目が集まっていることを考えるとスムーズに19卒向け施策に移行するためには、辞退者を出さないことが重要です。買い手市場だった就職氷河期の採用では、良い人材を集め、選ぶことが最も重視されていたが、売り手市場となった現在は、募集活動、選抜だけでなく、動機付けていかに入社まで導くかが、採用の中核プロセスになってきているといえます。

ディスコ「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

ディスコ「コンサルタントによる面談とスクリーニングで意欲の高い最適な人財を紹介します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
桒原 博之 キャリタスエージェント 事業部長

おすすめの記事

2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事

2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事
3月から2018年新卒採用活動が本格的に始まる。企業の「働き方改革」の取り組み、とりわけ長時間労働の問題に学生の関心が高まっており、企業説明会ではこれに関する学生の質問が飛び交う可能性もありそうだ。(文・溝上憲文編集委員)
11 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

キャリアマート 石井 貴善 採用コンサルティング事業部マーケティングマネージャー
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

 労務行政研究所が東証第1部上場企業239社を対象に実施した初任給調査によると、2018年度の大学卒者の初任給は21万1039円となっていることが分かった。2018年度の初任給を「全学歴引き上げ」した企業は39.7%に上った。
大学生の就職率が過去最高の98.0%

大学生の就職率が過去最高の98.0%

 今春卒業した大学生の就職率が過去最高となったことが、厚生労働省と文部科学省の就職内定状況等の共同調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース