【著者が語る】マナー講師の正体、マナーの本質

ヒロコマナーグループ
マナー西出ひろ子(マナーズ博子)
グループ代表

21歳のときに目指したマナー講師。あれから33年。NTTドコモやメルセデス・ベンツなどのお客様から満足度NO.1のタイトル獲得など、営業接客マナーコンサルティングに入り、名だたる300社以上の収益アップに貢献してきました。

さらには、NHK大河ドラマのマナー指導者への抜擢など、2002年に英国から帰国以来、800本以上のメディアに登場するなどの結果と実績を出してきました。

しかし、今、マナー講師は社会の「害悪」とまで言われるようにその信頼は地に落ちてしまいました。

私自身、日本初のテレワークのマナー本を執筆したものの、それが発売前に大炎上し、Yahoo!ニュースのトピックスで紹介されたほどです。そしてマナー講師は「失礼クリエーター」という異名までついてしまいました。

なぜ「失礼クリエーター」と言われるのか。それは「○○は失礼です!」と上から目線で言い切るからです。しかし、本来のマナーは相手を非難や批評をするものではなく、互いの立場に立ち、WIN-WINの関係を築いていくものです。

そんなマナーの本質を企業側が理解したときに、マナー研修の意義や在り方は変わってきます。その結果、人材ではない「人財」も誕生します。人財がいれば、人間関係のストレスもなく、仕事がスムーズに進みます。

本書では、日本におけるマナーに対する概念と、企業が求めてきたマナー研修やマナー講師の在り方、さらには、メディアが求めたマナー講師像など、今まで公に語られてこなかったマナー業界とマナー講師の実状を正直に書きました。

筆者が最も伝えたいことは、リアルでもSNSの世界でも、誹謗中傷やトラブルの起きない世界、社会になってほしいということ。

そして、企業は表面的な型以前に相手の立場に置き換えることのできる心ありきマナーの重要性を知っていただきたいです。

働き方などのスタイルが変わるとき、それを柔軟に受け入れることができるかということもマナーの一つ。マナーは礼儀。礼儀と儀礼は異なります。「儀礼研修」に終止符を打たなければ企業も人材も何も変わりません。

西出ひろ子 著
アドレナライズ、700 円+税

大手・上場企業の人事部長向け広告掲載のご相談はこちら

関連記事

ピックアップ

  1. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  2. 【コンコードエグゼクティブグループ】優秀な人材を採用できない企業からは、エース社員も流出する~企業の持続的成長を実現する採用革新

  3. 【オンライン研修プラットフォーム「playse.ラーニング」】全社DXを推進したい企業の“底上げ教育”を低コストで実現

人材・人事コンサル会社ガイド100選

  1. インターウォーズ「候補者との相性を大切に、CxO人材・社外取締役(経営経験者・女性)・経営幹部を紹介しています」

  2. レックスアドバイザーズ「管理部門、公認会計士、税理士に特化し、採用ニーズに応じて人材を紹介します」

  3. リソースリーガル「法務、弁護士、弁理士など法律専門職に特化し、候補者を厳選した的確なマッチングが強みです」

  4. マイナビ「業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した紹介で確実な採用を実現します」

  5. セールスキャリアエージェント「営業職に特化した専門コンサルティングで精度の高い人材紹介を実現しています」

  6. アクシスコンサルティング「正社員×フリーランスに加え、スポットコンサルのソリューション強化で社会課題の解決に寄与します」

  7. ワークス・ジャパン「採用ブランディング、オンラインコミュニケーション、採用管理システム等、採用プロセスを一貫支援します」

  8. ケンブリッジ・リサーチ研究所「事業会社におけるCxOとDX人材不足に対し、グループのシナジーを活かし課題を解決します」

  9. アネックスリサーチ「経営課題の解決を目的として、評価された現職者を動機づけて獲得します」

  10. フジキャリアデザイン「デジタルコミュニケーション分野のクリエイティブ人材とのスピーディーなマッチングを実現します」

TOP