人材採用動向レポート

【消費財分野の中途採用(外資系企業)】マーケ・営業+デジタルを学び、キャリアに幅を持たせたい候補者が増加

KMF PARTNERS
吉田 亜紀子 Sales & Marketing Division Director

欧米ではいち早くアフターコロナを見据えて経済活動が活性化しています。それに伴って外資系企業の採用活動も2021年春あたりから活発になり、現在も採用ニーズは非常に高い状況です。

その中で消費財分野を見てみると、マーケティング職に関しては、戦力の中心となるブランドマネジャーは、どの業界でもニーズが高く、採用が長期化するケースも見られます。営業系のニーズはエグゼクティブクラスより、ジュニアからミドルクラスのニーズが多く、現場での即戦力を欲しています。

また募集ポジション数自体は多くないのですが、CRMや特定の顧客とのエンゲージメントを高めるポジションなどは、以前にも増して、ニーズが高くなってきました。

以前は、基本的には同じ業界で転職することが多かったのですが、ここ数年でGAFAなどのデジタル技術をベースとした新しいサービスを提供する企業への転職者が増えてきています。

20代後半から30代前半の候補者の方に特にその傾向が強く出ており、マーケティングや営業の基礎知識を学び、それにデジタル領域の知見を加えることで、自分のキャリアに幅を持たせたいと考えている(若手)候補者が増えてきています。

またミドルからシニアクラス(30代後半~50代)の候補者に関しては、マネジメント経験者から職種スペシャリストまで、幅広い候補者が揃っており、若手候補者と併せ、選考の検討に入れることで早期採用の可能性が広がると言えます。

企業側と候補者側双方のニーズの先鋭化と多様化、新たなマーケットに対応するための職種への対応など、採用に苦戦している企業は多く見られます。

採用の成功に向けては、優先順位の明確化とエージェントの選び方、この2点に左右されます。採用にあたって譲れないポイント、妥協できるポイントを明確にすること、そしてその採用ポジションに強みや理解の深いエージェントを複数使うことで、早期採用に近づけるはずです。

インソース
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP