人材採用動向レポート

【コンサルティング分野の中途採用】セキュリティ、IoT、デジタルマーケ等の新領域の急拡大で積極採用

日本人材ニュース

コンコードエグゼクティブグループ
渡辺 秀和 代表取締役社長 CEO

総合系ファームを中心に、戦略系、シンクタンク系、IT系、FAS系、人事系など様々な領域のコンサルティングファームの事業が好調で、積極的な採用が行われています。

ここ2、3年ほどで大規模な採用を行ったファームの採用はやや落ち着きましたが、そのようなファームに追いつくべく、大規模な採用に打って出るファームが次々登場しています。

また、情報セキュリティ、IoT、デジタルマーケティングなど、新しい領域のコンサルティングビジネスが急拡大しています。

そのため、業界全体としては引き続き積極的な採用が行われており、市況の変化に注意は必要ですが、各社の好調な受注が続くようであれば、この積極採用が当面続くと予想されます。

現在のようなプロジェクトを受注しやすい環境下では、受注力のあるパートナーの数ではなく、プロジェクトをリードできるマネジャーの数が事業拡大の制約となる側面があります。しかし、プロジェクトマネジャーは、コンサルティング経験が必要となるため、おのずと採用対象者は限定されます。

このような背景から、コンサルティング業界内では、即戦力の経験者(ポストコンサル)の争奪が激化しています。さらに、PEファンド、ネット系企業、グローバル企業もこれらの人材を積極採用しているため、業界を跨いだ採用競争が行われています。

即戦力人材の存在が重要であることから、各ファームは採用だけでなく、自社で育った人材が流出しないように、リテンションにも配慮する必要があるでしょう。

メンバーへのケアを十分に配慮できるパートナーやマネジャーの育成、報酬体系やワークライフバランスの見直し、現場マネジャーが部下育成の負担を減らすことができる人材育成体制の整備など、様々な施策を整えることが大切です。

現職のコンサルタントも、現在は転職によるキャリアアップの好機と捉えています。このような中、採用という「攻」だけでなく、リテンションという「守」の重要性が高まっていると言えます。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP