ブレイクスルー

ブレイクスルー(breakthrough)とは、英語の「break(壊す)」と「through(通り抜ける)」を組み合わせた言葉です。「現状打破」や「突破する」といった意味合いがあります。ビジネスシーンにおいては、困難な状況から「突破口を見つける」「停滞した状況から抜け出す」など、解決策を見出す際に使われる言葉です。

業務を進めるなかで困難に陥ったときや、これまでのやり方では目標に到達できないときにブレイクスルーが必要です。ブレイクスルーは物事の本質を追及しつつ、常識や今までのやり方に捉われない、新しい解決策を見つけ出すことです。ブレイクスルーの使い方の例として、「彼のアイデアのおかげでブレイクスルーが起きた」のように使用します。

ブレイクスルーは、段階的にタイプ0〜3まで存在します。 タイプ0は、既存のやり方で問題を改良、解決する段階です。「突破口を見つける」という意味合いが弱いため、ブレイクスルーといえないという考えからタイプ0といわれます。タイプ1は、既存のやり方を突き詰めて突破口を見出すブレイクスルーです。タイプ2のブレイクスルーは、既存のやり方を再検討し、新しい価値を見出します。最終段階のタイプ3では、タイプ1と2を組み合わせて、既存のやり方に新たな価値を創造し、より大きなブレイクスルーが期待できる段階です。

一般的に問題解決するときは、「現状を把握→原因を分析→対策を考える」という流れが多く、現状を解決することが目的です。一方「ブレイクスルー思考」という思考法では、現状から対処法を探すのではなく、初めから未来の目的を意識して、それを実現させるために何をしたらよいかを考えます。レイクスルー思考による新たな発想転換は、既存の常識を覆し、革新を意味するイノベーションを起こすきっかけになります。

ビジネスチャンスを掴むには、固定観念や過去のやり方に捉われず、柔軟な発想を持つことが大切です。ブレイクスルー思考を身につけることで、行き詰まった現状からの突破口を見出し、新たな未来を築くことにつながります。また想定外の問題が発生しても冷静に受け止め、ピンチをチャンスに変えることもできるでしょう。

インソース

ピックアップ

広告掲載のご相談

注目記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
PAGE TOP