ミレニアル

ミレニアルとは「千年紀」を意味します。1981年〜1996年生まれの20代後半から30代後半までの働き盛りの人材のことを、ミレニアル世代と指しています。デジタル技術の発展を体感しながら成長してきた世代であるため、デジタル分野への関心が強く抵抗なく生活に取り入れることができます。一方で、アナログ分野にも理解があり、アナログ中心の上の世代と生まれた時からデジタルに慣れ親しんできた下の世代をとりもつコミュニケーションが可能な世代でもあります。

ミレニアル世代はデジタル機器に関心があり、個人の価値観を重要視するため多様性にも理解があり、モノよりコトを重視する傾向があります。ミレニアル世代はインターネットやデジタル技術の発展とともに成長しているため、パソコンやスマホといったデジタル機器を日常的に使いこなすことができます。分からないことがあれば、自然とインターネット上で情報を検索することが身についています。

また、経済が成熟している時期の日本で生まれていることから、社会におけるステータスよりも自分の価値観や個性を重視した生き方をしているため、多様性などにも寛容的です。ただし、バブルがはじけ経済が停滞している時期とも重なるため、所有よりも体験に価値基準の重きがあり、コスパを重視する傾向があります。

仕事への価値観も多様性を求め、自由な働き方を理想としています。ただ自由を求める一方で将来への不安は他の世代よりも強く感じています。不安な中で仕事に人生を捧げることには懐疑的であるため、仕事とプライベートの境界線を設けずに、いつでも自分の生活にコミットできる働き方を好みます。ひとつの会社で働き続けることにも不安があるため、キャリアアップのためなら他社への転職も迷わず選択し、経験とスキルを身につけながら長期的な目線で仕事に取り組みます。ひと世代下のZ世代が重要視する価値観は「We(われわれ)」ですが、ミレニアル世代が重要視するのは「Me(自分)」です。組織やチームへの帰属意識は低く、ステップアップが見込める機会に恵まれれば転職したいと考えています。

ミレニアル世代への適切な対応方法としては、働くことに対して社会的な意義を見出してあげることが大切で、自由な働き方ができることをアピールし、デジタルとリアルを行き来できるようなコミュニケーションが好まれます。

インソース

ピックアップ

広告掲載のご相談

注目記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
PAGE TOP