2011年10月10日

【著者が語る】日本人事 人事のプロから働く人たちへ。 時代を生き抜くメッセージ

日本人材ニュース編集委員・ジャーナリスト 溝上憲文

 (10043)

日本人材ニュース編集委員・ジャーナリスト 溝上憲文

 ここに登場する人物は、過去に前例のないさまざまな困難な状況に直面しても、人事という仕事に正面から向き合い、使命感を持って道を切り開いてきた人たちである。

 経営不振や労使対立の先鋭化、あるいは事業再編や海外進出など会社が直面した困難さはそれぞれ異なるが、その中にあって人事の役割とは何かという原点に常に立ち返り、粉骨砕身の努力を惜しまず、逆境に立ち向かってきた。

 本書では、それぞれが人事という仕事に出会い、経営環境やビジネスモデルの変化に対応すべく、決して部分最適に陥るのではなく、経営の方向性を見据えた全体最適の視点で人を活かす道を模索し、格闘してきた軌跡が語られている。

 全員に共通するのは、自分がやらなければ誰がやるのか、という人事パーソンとしての揺るぎない信念である。

 時には大きなカベに遭遇して失敗し、そこで悩み、苦しむことはあっても、問題の解決を図ろうとする強い意志と実行力で乗り越えてきた。そこには人事パーソンとしてどう仕事に向き合うべきかという決して時代が変わっても色褪せることがない教訓が数多く語られている。

 今日ほど人事パーソンの果たすべき役割が重要になっている時はない。日本は世界にも類を見ない高齢国家をひた走っている。労働力人口の減少は自明であり、若者、高齢者、女性が共存できる処遇体系や働き方を模索していかなければならない。また、外ではグローバル化が加速している。

 日本人だけではなく、海外の従業員の活用を含めたグローバル人材マネジメントの構築は急務な課題となっている。人事パーソンの力量しだいで会社の帰趨が大きく変わる事態に直面しているといってもいいだろう。本書はそのための強力な羅針盤になるに違いない。
日本人事 人事のプロから働く人たちへ。 時代を生き抜く...

日本人事 人事のプロから働く人たちへ。 時代を生き抜くメッセージ

溝上憲文著
労務行政、1890円
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

日本の労働生産性はOECD加盟35カ国中22位

日本の労働生産性はOECD加盟35カ国中22位

 日本生産性本部がまとめた「労働生産性の国際比較2015年版」によると、日本の労働生産性はOECD加盟35カ国で22位だったことが分かった。
組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部  五島浩徳会長

組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部 五島浩徳会長

ITと事業活動が密接になる中で従来の仕組みや考え方だけでは対応が難しい局面が多くなっている。ITマネジメントの専門家であるISACA東京支部会長の五島浩徳氏に、堅牢で継続可能な組織運営に向けて企業に求められている視点や人事を含む管理層の役割などを聞いた。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
大手・中堅企業 事業拡大や新規事業進出で中途採用

大手・中堅企業 事業拡大や新規事業進出で中途採用

 大手・中堅企業が事業拡大や新規事業進出を理由に中途採用を行っていることが、厚生労働省の転職者実態調査で分かった。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース