HRサービス

オンライン・アセスメントでリーダーシップ開発【マネジメント サービス センター】 他

オンライン・アセスメントでリーダーシップ開発【マネジメントサービスセンター】

マネジメントサービスセンターは、上級管理職向けオンライン・アセスメント「Leader3 Ready」をリリースした。

事業戦略推進の重要ポジションを担う人材の準備度を、行動、経験、モチベーション、パーソナリティの4つの側面からアセスメントし、成功する上級管理職としての道筋を描けるよう、強みや能力開発領域を明確にする。

同社パートナーの米DDI社が開発し、世界で1万人以上の受講実績があり、後継者選抜や能力開発ツールとして有効性が立証されている。

三井物産がヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスを買収

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスは、三井物産によるTOBに賛同の意見を表明した。買収額は31億円で完全子会社となる予定。

ヒューマン・アソシエイツHDは人材紹介、社員研修、メンタルヘルスケア事業を手掛け、2018年4月に東証マザーズ上場。22年3月期は売上高29億2600万円、営業利益1億3700万円を見込む。

三井物産は20年にメンタルヘルスケア事業の保健同人社を買収しており、医療・健康事業の拡大を図っている。

人材確保や人事のデジタル化を支援する企業が新規上場

2021年下半期も企業の人材確保や人事業務のデジタル化などを支援するHRサービス企業の新規上場が相次いだ。

あらゆるビジネスで進むDXの取り組みは、これまでの人材活用や人事業務の見直しにもつながっていることから、人材マネジメントや人事業務を効率化するテクノロジーの導入を後押ししている。

また、DX人材や若手の採用・育成、高度専門人材の活用を支援するサービスが伸びており、引き続きHRサービス企業の業績拡大が見込まれる。

売上高は、IGS、エクサウィザーズ、サクシードは22年3月予想。スローガンは22年2月期予想。サイエンスアーツは22年8月予想。セキュア、ワンキャリア、リベロは21年12月予想。メディア総研、サーキュレーションは22年7月予想。
インソース
エナジード

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP