ビジネスマネジメントゲームで次世代リーダーの育成を加速 他

ビジネスマネジメントゲームで次世代リーダーの育成を加速

事業環境の変化に対応していくために、高い視座と広い視野を持つ次世代リーダーの育成が急務だ。スコレは、累計100社以上のビジネスリーダーからのフィードバックをもとにリニューアルしたビジネスマネジメントゲーム「BMG for Professional」の提供を開始した。

階層別研修や次世代リーダー育成プログラムでの学習効果を最大化するために、①顧客の動向を調査する消費者調査機能や競合の投資状況を分析するリサーチ機能、②研究開発を通じて自社が販売する製品の性能を強化する機能、③シミュレーション中に発生する企業の経営に大きな影響を与えるマクロイベント、④画面の操作を支援するガイド機能やUI の刷新などの機能を追加した。「BMG経営研修」では、eラーニングや座学での学びを実践する場としてゲームを活用し、経営の流れをつながりで理解する目線、各部門の意思決定が経営に与える影響、戦略的思考などを体感的に習得できる。

スコレ

意思決定に取り組みながら経営を擬似体験

フリーランスから正社員への転職を支援し、IT人材不足を解消

IT人材不足は深刻で、企業の採用競争が激しさを増す中、ランサーズは、フリーランスから正社員への転職を支援する「フリーランス転職」の提供を開始した。主にフリーランスとしてIT・Web業界で働くエンジニアやデザイナー向けの転職エージェントサービスで、ライフステージや環境の変化によりフリーランスから正社員への転職を目指す人にフリーランスとしての実績を活かした転職サポートやキャリア支援を行う。

同社が運営するITフリーランスエージェントサービス「Lancers Agent」の直近1年間でも、案件次第では正社員登用を希望するフリーランスは約3割、企業が正社員採用を希望する案件も約1割となっており、人材ニーズのマッチングを図る。仕事マッチングプラットフォーム「Lancers」、「Lancers Agent」などで実績がある人はスキルや評価を用いた推薦が可能で、採用担当者は活躍イメージを持ちやすい。

ランサーズ

正社員への転職を希望・検討している人が3割以上

人的資本の連結データ作成を効率化し、ESG情報の開示を支援

有価証券報告書上での非財務情報開示の義務化を機に、情報開示を企業価値向上に結び付けていく体制や管理基盤が必要となってきている。シェルパ・アンド・カンパニーは、開発・提供するESG情報開示支援クラウド「SmartESG」において、新たに「KPIコンソリデーション(重要業績評価指標の整理統合)」機能の提供を開始した。

国内外の子会社を含めた企業の人事データにおけるKPIのコンソリデーションによって、人的資本の連結データ作成を効率化する。また、データ収集・集計のみならず、評価基準・指標への対応や用途に応じた開示手法への展開まで、一気通貫したデータ管理と戦略的活用を可能にする。まずは有価証券報告書で開示が求められる3つの定量指標から対応し、段階的にCSRD(企業サステナビリティ報告指令)/ESRS(欧州サステナビリティ報告基準)や評価機関が求める非財務指標にも対応拡大していく予定。

シェルパ・アンド・カンパニー
誤集計や異常値の自動検出で人的ミスを防ぐ

その他の人材採用や人事関連の記事はこちら

▼次世代リーダーの選抜・育成特集号はこちらでお読みいただけます

PAGE TOP