著者が語る

【著者が語る】失敗しない銀行員の転職

ヒューマン・アソシエイツ

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス
渡部 昭彦 代表取締役社長

本書は約8年前に出版した「銀行員の転職力」の実質的な改訂版ですが、その間の金融環境の変化は大きく、結局、半分以上を書き直したことから、書名も「失敗しない銀行員の転職」と(出版社の要望もあり)ストレートなタイトルにしました。

執筆に当たって込めた思いは同じであり「銀行員は高いポテンシャルを持っているのだから、カラに閉じこもらず、外の世界に出て活躍して欲しい」ということと、「その前提としてあまり知られていない銀行の人事の仕組みを是非知って欲しい」ということです。

メガバンクがそろって万単位の人員削減を発表したことから「銀行員大量失業時代の到来」など刺激的な言葉が雑誌の紙面を飾っています。もともと銀行は、優秀な人材を大量に採用しては、50才位までに役員など一部のエリートを除きドンドン外に排出する「人材多消費型」の業態ですが、今回はこれに「団塊ジュニア」「バブル採用組」が年代として重なったことから、一層、世間の耳目を集めたのでしょう。

本書の購買者のほとんどが転職を視野に入れた中堅・若手層の銀行員と想定されることから、まずは「どうしたら上手な転職ができるか」ということについて、キャリアの考え方、適切な転職先の選び方、転職までのスケジュール、さらには履歴書や面接での留意点など、銀行員のさまざまな具体的転職事例を示しながら説明しています。

このような「ノウハウ本」的な内容に加えて、銀行の人事システム・制度の特徴を他業態とも比較しながら解説することにより、銀行員がこれから自身のキャリアをしっかり考える契機となることも意図しました。

銀行以外の方にとっても、本書を通じて銀行人事のよって来るゆえんや本質、さらには転職予備軍たる銀行員の置かれた状況を理解いただければ幸いです。

ヒューマン・アソシエイツ

渡部昭彦 著
日本実業出版社、1,500円+税

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP