オンライン研修とは?メリット・デメリットや成功させるコツなど詳しく解説

この記事では、オンライン研修の特徴から、メリット・デメリット、成功させるポイントなどをご紹介しています。オンライン研修は通信体制の整備や管理が必須ですが、コスト削減や研修の効率化などに役立ちます。オンライン研修の導入を検討している企業担当者の方は、ぜひご参考ください。

オンライン研修とは

オンライン研修とは、インターネットを通じて行われる研修です。近年では、新型コロナウイルスの影響により需要が高まっています。オンライン研修には、会社で指定した講座をそのまま受講するスタイルから、スキル向上を目的とした講座を受講者が選んで受講するものまで、さまざまな種類があります。

オンライン研修の特徴

オンライン研修には対面で行われる集合研修にはない特徴があります。ここでは、主な特徴を3点ご紹介します。

ライブ配信と録画配信の2つの形がある

オンライン研修には、ライブ配信と録画配信の2つの形があります。ライブ配信の研修はWEB会議ツールを使用して実施され、集合研修と同様にリアルタイムで研修が行われます。そのため、講師と参加者の双方向のコミュニテケーションを都度取ることができます。録画配信の研修は、あらかじめ録画した研修をパソコンやスマホなどにより再生し受講します。

さらに録画配信には、定刻に配信するタイプと、WEBにアップロードした動画を視聴する「オンデマンド配信」の2通りあります。オンデマンド配信は、受講者の裁量で視聴できるため、忙しいビジネスマンに合った研修スタイルと言えます。

通信機器を利用すれば場所にとらわれない

オンライン研修の最大の特徴は、通信機器を利用すれば場所にとらわれない点です。ネット環境と通信機器があれば、基本的にどこでも研修が受けられます。例えば、レストランや出張先のホテル、海外にいても通信環境さえあれば、自身のパソコンやスマホから研修に参加できます。ただし、レストランやカフェの場合は、イヤホンなどで周囲に音が漏れない配慮が必要です。

自分のペースで受講できる|繰り返し視聴できる

オンライン研修のオンデマンド配信は、受講者自身のペースで受講でき理解するまで何度でも視聴できます。業務の合間や取引先への移動時間、自宅での空き時間などを使えば、効率のよい研修が可能です。受講者自身のスケジュールに合わせて研修が受けられる点は、大きな特徴といえるでしょう。

運営側から見たオンライン研修の3つのメリット

オンライン研修は運営側にもメリットがあります。本章では、主なメリットを3つ紹介します。

制約が少なく柔軟な研修の設計ができる

オンライン研修は場所にとらわれない研修方法のため、大勢を収容できる会場を押さえる必要がなく、移動時間も削減できます。さらに、オンデマンド配信は時間も制限が必要なく柔軟な研修の設計が可能です。

コストを低減できる

オンライン研修では、講師や参加者の交通費や宿泊費、昼食代、会場の使用料などが不要になるため、コストを削減できます。はじめに通信機器をそろえるためのコストが必要になることがありますが、長期的にみるとコストメリットの方が上回るでしょう。コスト削減は企業として大きなメリットといえます。

研修管理の効率化ができる

オンライン研修では、受講者の参加状況、受講進捗、成績などをシステム上で一元管理できます。受講進捗が遅れている対象者をシステム上で確認し、一斉メールにて受講を促すことも可能です。システム上で研修管理ができるのは、メリットといえるでしょう。

運営側から見たオンライン研修の3つのデメリット

オンライン研修には、メリットだけではなくデメリットもあります。ここでは、3つのデメリットについて紹介します。

通信状況や通信機器の影響を受ける

オンライン研修は、Wi-Fiなどのネット環境がない場所では研修に参加できません。また、研修に使用しているパソコンやスマホが故障した場合や、Wi-Fiなどのネット環境が乱れた場合に研修が上手く進められなかったり、受講ができなくなります。このように、通信状況や通信機器の影響を受ける点は、デメリットといえるでしょう。

対面研修と比べ学習効果が下がる場合がある

オンライン研修は対面研修に比べて、その場での質問や細かいニュアンスを理解することが難しい場合があります。対面研修では、講師が参加者の様子を見てその場に合わせた進行が可能な一方で、オンライン研修だと状況が把握しづらいことも考えられます。また、対面研修と同等に講師と参加者および参加者同士が交流や質問をすることが難しく、学習効果が下がる可能性もあります。

自己管理能力が必要になる

オンライン研修の場合、運営側が受講姿勢を逐次管理するのが難しく、受講者側の自主性が求められます。とくにオンデマンド配信の場合、基本的に受講期限が設けられているものの、自己管理が苦手な受講者は、後回しにして期限内に完了しないケースが懸念されます。

オンライン研修を成功させるポイント

オンライン研修を成功させるには、意識すべきことがあります。ここでは、研修を成功させる4つのポイントを紹介します。

講師とは別にサポート要員を配置する

講師だけだと、何かトラブルがあった際に研修を中断しなければなりません。サポート要員を別にもうけることで、研修を中断することなくトラブルにすばやく対応できます。これによって講師は安心して講義を続けられ質の高い研修につながります。

チャットを有効活用する

オンライン研修の際にチャットを使えば、参加者のタイミングで質問できます。ライブ配信では、講師が研修テキストを元に進行します。その際、疑問が生まれても進行を妨げることを恐れてなかなか質問できない受講者も多いでしょう。チャットがあれば講師への質問が比較的気兼ねなくできるでしょう。

オンライン研修の実績のある講師に依頼する

研修を成功させるには、オンライン研修の実績がある講師への依頼が大切です。経験豊富な講師であれば、研修の進行やトラブルへの対応を熟知している可能性が高いです。また、研修の内容に関してもオンラインで効果的な研修を準備してくれるでしょう。実績がある講師は人気があるため、スケジュールが埋まらない内に早めにアポイントを取っておくとよいでしょう。

受講者への事前アナウンスを行う

オンライン研修を行う際には受講者へ事前アナウンスを行いましょう。必要機器やネットワーク環境、サポート窓口などの情報を事前共有することで、受講者がスムーズに研修に参加できます。例えば、TeamsやZoomなどのツールを使用して研修を開催する場合、ソフトウェアのインストールが必要になります。そのため、事前にインストールするように周知しておけば、研修をスムーズに開始できるでしょう。

オンライン研修はそれぞれの企業に適した研修設計が重要

オンライン研修には時間とコストを大幅に削減できるメリットがあります。しかし、ネット環境に左右されたり、受講者自身の自己管理が必要だったりといった注意点も把握しなければなりません。

人材育成を行うには、それぞれの企業に適した研修設計が重要といえます。効果的な研修設計をするためにはコンサルティング会社に依頼をするのも一つの手段としてあります。

以下では、人事関係者によって推薦された、オンライン研修に強みを持つ人事コンサルティング会社をご紹介いたします。


人事関係者から推薦された
オンライン研修に強い人事コンサルティング会社一覧
 

  1. マネジメントサービスセンター 遠山 雅弘 代表取締役社長

    戦略実行のために乗り越えるべき重要課題を特定し、最適なリーダーシップ開発とアセスメントを提供します

  2. インソース 舟橋 孝之 代表取締役 執行役員社長

    階層別研修、DX推進、HRテックの提供まで、多岐にわたるサービスで人材戦略を総合的に支援します

  3. グロービス 鳥潟 幸志 グロービス・デジタル・プラットフォーム マネジング・ディレクター

    “社員が自律的に学ぶ文化を醸成したい”企業の期待に応えられる高品質な動画サービスです

  4. ディジタルグロースアカデミア 代表取締役社長 高橋 範光

    デジタル人材の育成計画から実行まで支援し、DX推進によるビジネス変革に伴走します

  1. インサイトアカデミー 金 珍燮 代表取締役

    海外で収益を生み出すグローバル人材を育てるノウハウと実践的な学習プログラムを提供します

  2. インソース 舟橋 孝之 代表取締役 執行役員社長

    階層別研修、DX推進、HRテックの提供まで、多岐にわたるサービスで人材戦略を総合的に支援します

  3. マネジメントサービスセンター 遠山 雅弘 代表取締役社長

    戦略実行のために乗り越えるべき重要課題を特定し、最適なリーダーシップ開発とアセスメントを提供します

  4. サイコム・ブレインズ 西田 忠康 代表取締役社長

    コンサルタントの知見とテクノロジーを融合し、社員の自律的な学び、組織の成長と業績向上を支援します