2017年4月28日

【経営幹部の中途採用】アジア圏進出関連で企業と求職者双方のニーズが高く、マッチング多い

経営者JP 井上和幸 代表取締役社長・CEO 

 (12059)

成長拡大中のサービス・ネットサービス関連企業で求人増加

 幹部クラス採用に関しては、引き続き全業種・業界に渡って活況・過熱感の感じられる状況であり、特に成長拡大中のサービス・ネットサービス関連企業での事業部長、営業部長、マーケティング部長各職での案件依頼が多数寄せられている状況です。

 また、レガシーなサービス系企業や消費財メーカーでのデジタルマーケティング責任者を危急的に求める声が強いのが直近での特徴としては興味深く感じており、さらには幅広く業種・業界を問わず広報部長・マネジャーでの依頼が多く寄せられているのがこの時期を象徴する共通的な特徴かと思います。

引き続きアジア圏進出企業と求職者双方のニーズが高め

 求職者の傾向は30代から50代まで部長・役員クラスの方が幅広く機会を求めており、特にアジア圏に赴任されている事業部長クラスの方からの相談が非常に活発となっています。こちらはこの2〜3年の継続的な傾向でもあり、企業側からもアジア圏への進出関連、現地販路拡大やオフィスマネジメント強化でのニーズも根強く、双方での良い縁が多く生み出されていることは市場的に注目する部分かと思います。

職務内容と人物要件を満たす採用は争奪戦が続く

 各社ともに厳選モードでありつつ採用危急度も一段と増しており、職務要件とマネジメントとしての人物要件を満たす方の採用は争奪戦となっています。採用基準は妥協するべきではありませんので、売り手優位の市場とはいえ、求める人物像を緩和したり変えたりすることは、採用後、入社後の事業問題を起こす原因ともなりますので、妥協されないように当社としては各社と確認し臨んでいます。

 当社では、より個別的な双方の要件のマッチ度合いを精査しつつ、企業にお願いする対応としては採用タイミングを逸しないようスピード感を持ったプロセス進捗を徹底いただき、早め早めの面談・面接設定を図らせていただています。こうした活況の時期であるからこそ、いかに質とスピードにこだわった幹部採用を遂行・実現していただけるかが、各社の事業状況、経営の成否を大きく左右します。

経営者JP「経営課題・事業課題の解決という視点から経営幹部として活躍できる人材をサーチします」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

経営者JP「経営課題・事業課題の解決という視点から経営幹部として活躍できる人材をサーチします」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
井上 和幸 代表取締役社長・CEO

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
11 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2017年上半期の転職成功者の平均年齢32.1歳、前年から若返り傾向 パーソルキャリア調べ

2017年上半期の転職成功者の平均年齢32.1歳、前年から若返り傾向 パーソルキャリア調べ

 2017年上半期の転職者の平均年齢は32.1歳だったことが総合人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
20代が転職したい会社のトップはトヨタ自動車

20代が転職したい会社のトップはトヨタ自動車

 20代が選ぶ転職したい会社の1位はトヨタ自動車、2位はグーグル、3位はソニーとなっていることが、総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
“給与に不満”、“残業が多い”など働き方の改善のために転職を考える人が増加

“給与に不満”、“残業が多い”など働き方の改善のために転職を考える人が増加

 待遇や環境の改善のために転職を考える人の割合が上昇していることが、総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース