ビジネス代謝ラボ 代表取締役 小髙峯 康行
組織・人事コンサルティング

「社員の健全な自律と企業の前向きな代謝を実現するための組織作りや研修を支援します」

ビジネス代謝ラボ/ 小髙峯 康行  代表取締役

1991年リクルートに入社し、採用・組織人事・人材育成コンサルティングに従事。2002年ファインド・シーを設立し、組織人事・営業領域のコンサルティング、マネジメントを中心とした研修企画開発を行う。2020年ビジネス代謝ラボ設立。

キャリア自律の意識醸成を通じて、社員が選びたい組織作りを支援

当社は、社員のキャリア自律の課題解決を支援しています。先進企業を中心に様々な制度は整いつつあるものの、社内でキャリア自律の意識醸成が進みにくいことが多くの人事担当者の悩みとなっています。

70歳雇用を見据えたミドルシニアの処遇は喫緊の課題ですが、若手社員の企業への帰属意識が低下している状況も考えると、社員が真にキャリア自律意識を持ち、その社員が選びたい組織を作っていくことが企業の成長には不可欠です。

これまでのように「社内」だけではなく「社内外」でのキャリアを考えることを直視することが、若手からのキャリア自律の意識醸成につながり、社員と企業が対等な関係で共に幸せになるために需要になると思います。

ミドルシニアのキャリア自律に特化したオンラインキャリア研修が好評

当社のコンサルティングや研修の特徴は、一人一人の「やりたい」という内発的動機(Will)を喚起していく点です。ワクワクする未来像を描いてもらうことが最初の行動につながり、行動を継続することで意識が変わっていきます。

特にミドルシニアは自らの環境(Must)やスキル(Can)を十分認識しているので、そこを掘り下げても現状維持の思考が強化されてしまい効果が上がりません。

こうした考えをベースにしたミドルシニアのキャリア自律に特化したオンライン研修「エッジチャレンジ研修」が導入企業で好評を得ており、研修対象者が多い企業などにはプログラムのライセンスを提供し、社内で実施できるようにしています。

また、管理職によるキャリア面談が機能していないという課題も多く聞かれるため、キャリア面談のポイントが手軽に学べる動画を今春にリリースする予定です。

フリーランスで活躍できる仕組みなど、ネクストキャリアの選択肢を提案

ミドルシニアのネクストキャリア施策は再就職支援が中心となっていますが、より多様な選択肢が必要です。その一つとして、フリーランスとして活躍できる新たな仕組みの活用を提案しています。

ミドルシニアがフリーランスになることで「やりたい」「なりたい」キャリアの実現を普及させたいと考えています。

フリーランスで活躍できる仕組みなど、ネクストキャリアの選択肢を提案

ミドルシニアのネクストキャリア施策は再就職支援が中心となっていますが、より多様な選択肢が必要です。その一つとして、フリーランスとして活躍できる新たな仕組みの活用を提案しています。ミドルシニアがフリーランスになることで「やりたい」「なりたい」キャリアの実現を普及させたいと考えています。

●キャリア自律施策の実効性を高めるポイント

専門分野

業種
全業種、コンサルティング、コンサルティングファーム、組織人事コンサルティング、シンクタンク
職種
全職種、経営・企画、経営企画、事業企画、管理・事務、人事、技術・研究、コンサルタント、組織人事コンサルタント
対象者
経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、若手、中高年、ミドルシニア

会社情報

社名
株式会社ビジネス代謝ラボ
代表者
代表取締役 小髙峯康行
設立
2020 年
資本金
1000 万円
従業員数
非公開
住所
東京都中央区新富2-5-10 新富ビル4F
ネットワーク・提携
株式会社ファインド・シー
TEL
03-6275-2720
E-mail
info@biztlab.co.jp
コンサルタント数
非公開
サービス
キャリア自律を促進する各種調査、サービスの提供(研修企画・開発・実施、研究会、制度設計、業務委託化の支援、その他)特にミドルシニアのキャリア自律、活性化を目的とした新しいサービスの提供

日本人材ニュース編集部の評価

1on1の導入支援やマネジメント研修で豊富な実績を持つファインド・シー社が2020年に設立した会社。働く人の幸せを通じて企業の新陳代謝を図ることをビジョンとし、同社の考えに共感する人が集まるポータル組織を目指している。ソニーや電通などの各社の取り組みを紹介するセミナーには100人超の人事担当者が集まり、関心の高さがうかがえる。ミドルシニアのキャリア自律を促すオンライン研修やネクストキャリア支援の提案が本格化している。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP