人材採用動向レポート

【小売・流通分野の中途採用】DX・マーケティング・人事の課題解決へ異業界の出身者を積極的に採用

パソナ
白石 沙織 コンシューマープロダクツ&サービス統括部 部長

小売・流通業界での採用動向として顕著な分野には、「DX関連」「マーケティング」「人事制度構築」が挙げられます。

「DX領域」については、店舗の人手不足問題からもデジタルを活用した事業強化のため、積極的に人材を募集しています。また、保有している来客や購入履歴などの保有データをいかにビジネスに活用していくかが重要視されています。

採用力強化のためにも、DXに特化した戦略的子会社設立も相次いでいます。そのため、採用においても、経営に近いIT戦略からインフラ、アプリ、データ分析など、担当業務を細分化し多岐に渡る人材ニーズが高まっています。

「マーケティング」については、コロナの影響により消費者の購買行動に変化が見られ、オンラインとオフラインの統合(OMO)施策の強化が求められています。そのため、オンラインとオフライン双方のマーケティング経験者は採用においても高く評価される傾向にあります。

「人事制度構築」については、店舗の人手不足を解消するためにも、社員のリテンションを目的とした人事制度改革が喫緊の課題となっています。

そのため、賃金体系や評価制度を含む人事制度を再構築できる人材の採用が伸長しています。店舗で働く非正規雇用社員を含めた人事制度構築が必要であるため、「現場=店舗目線を持っているか」といった観点から、小売企業、サービス業界、工場を保有するメーカーなどの親和性があると採用がスムーズに進む傾向があります。

上記を踏まえ、採用に成功している企業の特徴としては、異業界の出身者を積極的に採用し、社内に新たな風を取り入れ、過去の常識にとらわれず新しい視点でビジネスを成長させている印象です。在宅勤務と出社勤務のハイブリットな働き方を実現できる環境を整備することも採用成功の要因となっています。

働き方改革の一環として、休暇取得制度の整備など、社員がワークライフバランスを整え勤務できることが、採用に大きく影響しています。

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP