景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。
経営者の景気見通し「緩やかに拡大」が増加、非製造業の人手不足が継続

経営者の景気見通し「緩やかに拡大」が増加、非製造業の人手不足が継続

 景気が緩やかに拡大していくと見ている経営者が増加したことが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
半数の企業に未充足の求人、幅広い業界で人手不足

半数の企業に未充足の求人、幅広い業界で人手不足

 約半数の企業に未充足の求人があることが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
3割以上の経営者が「人手不足」と回答、非製造業は4割に迫る

3割以上の経営者が「人手不足」と回答、非製造業は4割に迫る

 経済同友会が四半期ごとに経営者を対象に実施している景気定点観測アンケート調査結果によると、3割以上の経営者が「人手不足」と回答したことが分かった。
ランスタッド 猿谷哲社長 採用競争力を高めるにはブランディング強化が重要に

ランスタッド 猿谷哲社長 採用競争力を高めるにはブランディング強化が重要に

有効求人倍率が近年にない高い水準になるなど、企業の人手不足は深刻になっている。企業が人材を確保していくための課題や必要な人事施策などについて、総合人材サービス会社ランスタッドの社長に就任した猿谷哲氏に聞いた。
深刻な「人手不足」 限定正社員化の動き

深刻な「人手不足」 限定正社員化の動き

小売・飲食業界を中心にパート・アルバイトなどの非正規社員の人手不足が深刻化している。人手不足が広がる中で、少子化による若年世代の減少という構造的問題に対応していくために、人事・雇用戦略の見直しに着手する企業の動きが始まっている。
6 件